え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:S状結腸

こないだね、障害者手帳が届いたんすよー。



んでまぁ、色々と申請できるものは申請してました( ̄ー ̄ゞ-☆



とりあえず高速料金が半額になるらしく手続きをしているところです。


あと、ストーマの助成金が出るのでそれもやっています。


その、ストーマの助成金なんですがね、複雑でね、意味わからんのですよ。


なんとなくはわかったけどさ。
なんかね、2ヶ月毎の支給になってんだけど、半年分渡されるらしいんすよね、
んでもって、その支給額を越えて注文しなきゃならないんですって。
注文は2ヶ月毎でもいいし、半年まとめてでもいいらしいんだと。
なんですけど支給額の十パーセントは自費負担して下さいー、言われてね。(助成金の十パーセント)


コレ業者さんに言われてね、
え、あぁ、いゃいゃ、コレ、ちょ、僕、頭悪いんですいません、理解してないかもですーいうたらね。
業者さんも、
あ、ですよねー、わけわからんですよねー、みたいになったんですよ笑
説明に苦しむオッサンと理解に苦しむオッサンが向き合って同じ話し何回もしてましてね。
まぁやっと、なんとなく理解できたかなぁと、(いゃ嘘かな)みたいな雰囲気だしておきましたわ。


丁寧な方でしたし、実際にそーゆう場面になったらお電話でもお話ししながら進めていきましょーってなったんで多分大丈夫。


ストーマ器具の注文いうてもね、色々あるわけですよ。
まず、袋でしょ、ストーマの。
消臭潤滑剤ね。
あと、リムーバーね。
あと、パウダーね。
まぁこんなもんだけど種類はたくさんあるし、ストーマを覆う袋みたいなもんもあったね。
助成金の対象にならないやつもあるみたいだけどだいたいなると思う。


あとはー障害年金。
まだやってないけどなかなか通りづらいらしいですよね。
えっ、こんなに障害もってんのに通らなかったって人もいるし、オレの場合、国民年金なんでそれもあるらしい。
役場の人や社労士さんもちょっと微妙かもしれんといってたけど出さないよりは出した方がねー、いいかなぁとおもっている。


まぁ、とりあえずそんな感じですm(__)m




応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






今日は病院にいってきた。


上部エコー検査でした。


このエコー検査、あばらの骨のところをグリグリするんで痛かったり、こそばがゆかったり、くすぐったかったりするんすよね。
けっこう押してグリグリするんですよ。
いゃ、もう慣れましたけどね。


「骨のとこ痛いですか??」


なんて聞かれましたが


「あ、いゃ、なんかくすぐったいですねー」


と、痛いとはなぜかいえんかった(*´∀`)


「けっこう、痛いってかたもいるし、くすぐったいって人もいるんですよー、
痛くなくてよかったですー。」


っていわれましてね、、、。


いゃ、痛いんじゃぁぁぁとは言えなかったですね。



結果は軽度の水腎ということでした。


いつかいわれた「ひらく」というのは、
尿管が「見える」、
ということみたいです。


水がたまっていないと尿管が見えることはないらしく、
見える=ひらく=水がたまっている
ということになるってことなんですね。



水腎にはなっているけど軽度なので処置は大丈夫だろうということでした。
これがさらに悪化した時はなんらかの処置が必要になってくるのでしょう。


ってことでエコーの検査は終了です。


次は腫瘍内科にて抗がん剤の予定、、、、、、だったんすけど先生のオーダーミスで金曜日に入っていました。


え、先生、まじすか。。。(´д`|||)


話しの流れ的には、
抗がん剤は毎週金曜日にうっているけど、エコーの検査が火曜日しか入れられないので、受けてもらってそのまま抗がん剤しましょうってな感じだったかと思います。
それがエコー→火曜日
抗がん剤→金曜日
のままのオーダーになっていました。


このやりとりも看護師さんを通してやりとりをしたのでどこかで食い違いが発生したのかもしれませんね。
いやいゃ、患者あるあるかもしんないけど、こういうこと結構多くないですか??( TДT)


んでまぁ、しゃぁないんで今日うちますわぁってゆったら診察待ちになるっていわれましてね。
コレ、、、
診察待ちになると、今待っている患者さん(結構いらっしゃる)を待って診察をして、そこからの採血オーダーからの抗がん剤投与になるので(採血結果がでるまで一時間くらい)時間がかなり掛かるんですよ。(´д`|||)


なので10日(金)にまた来ますわぁってなって帰ってきました。


次回は抗がん剤投与、4ー②です。
がんばりやすー( ̄ー ̄ゞ-☆






応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ




一昨日は病院の日でした。


人口肛門増設の手術の為、手術ができるかどうかの検査をしました。


腫瘍内科診察(今日の検査説明)

腹部レントゲン (毎度おなじみすぐおわる)

腹部エコー(地味にあてる機械が痛いときある)

採血、採尿(久々の採尿やな)

心電図(これもすぐ終わる)

肺活量検査(思い切りすって、思い切りはく)

腫瘍内科(ざっと検査結果の説明)


まぁ、こんな流れ。


肺活量検査なんですけどね、筒状になっている機械渡されてそれにむかって息をはいたり、すったりするんですよ。
検査技師の先生の指示に従って、はいたり、すったりするんです。
コレがけっこう激しいんですわ。


「じゃ、いきますよー、ハイ、吐いて吐いて吐いてーー、行けるとこまで吐いてー!」

僕は機械にむかって息を吐いてます。
答えることはできません。

「そしたら今度は吸ってー!行けるとこまで吸って吸って吸ってー!」

僕は機械にむかって息を吸います。
答えることはできません。

「んじゃ一度はずしましょう」

僕は機械を外します。
え、ちょ、コレ、しんどいわ。
いけるのかオレ。

「次は思い切り吸い込んで、できるだけ長く吐きましょう」

僕は再び筒状の機械を口にセット。

「ハイ!思い切り吸って!吸って吸ってー!。」

僕は思い切り吸います。

「ハイ!できるだけ長く吐いてーー!」

僕はできるだけ長く吐く。


実はこの検査、1回目の開腹手術前に受けたコトがあってそんときは楽にできてました。
それでも手術後って息をすったりはいたりする力がなくなっていてしんどい思いをしました。

今回、検査の時点で前回よりも肺活量の低下感を感じましたね。
それでもまぁクリアということだったんでよかったんすけどね。


んで腫瘍内科に戻って、
「検査結果はざっとみて大丈夫だろう」
とのことで来週、消化器外科にてお話しを聞く流れになりました。


多分そこで手術の話、リスクの話、入院日、手術日のお話しがあるのかなぁと思います。


とりあえず抗がん剤はおやすみです。







応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








3月に突入ですね。
ぼくはあまり外にはでてなかったのですが風が強かったり、寒そうだなぁとおもいながらも基本、家の中で過ごしてました。
インフルエンザとかもこわいすからねぇ。


先日、病院いきましてですね、S状結腸の内視鏡をしてきました。
2リットルの下剤にビビったりしてましたがS状結腸だけなので下剤とかそうゆーのはなしでやれるということでホッと安心しちゃってました。
S状結腸はおしりから入ってすぐのとこですからね。
今、直腸の壁がどれくらいなのかを診てもらおうってことで診てもらいました。


「やっぱ大腸カメラの看護師さんキレイな人多め」アルアルを無事に乗り越えたオレは、なんとか検査をおえることができました。
とりあえず今回は安定剤なしの方向でいきましたね。
ちょっとヤバそうだったら使うという感じでしたが使わずに終わりました。
検査中、何やら先生がもごもご話してたんですけどよく聞こえませんでした。
声ちっさいのとちょっと便意がある中での感じだったので。
多分、僕に話しかけてきてくれてたんだと思います。
「本人の感覚の通り、前回よりは良くなってますよー」
「前程痛くはないですもんねー」
みたいな感じでゆってくれてたと思います、僕にもうちょい余裕があればよかったんすけどね。
ちょっとなにいってるかわからないっす状態でしたね。
で、更に看護師さんが
「大丈夫ですか?!痛くはない?!」
って被せてくるんで
「え、はぃっ、大丈夫ですっ。」
みたいな、
誰がなにいってるか更にわからない状態でしたね。


まぁ、それも無事におわりまして腫瘍内科にて診察しながらカメラの結果を聞きました。


前よりは狭窄の幅は広くなっているとのことです。
炎症が落ち着いたのか、抗がん剤が効いたのかはわかりませんが両方なんでしょうね。


「前よりは広くはなってますがちょっと先にいくと狭くなっていて便が溜まっている状態なんですよねー、だからごはんはやっぱり食べていいかというとちょっとやめといた方がいいと思います。」

という感じでした。


なので、抗がん剤を先行にして治療をしてきましたが現時点では人口肛門増設した方が良いんじゃないかと先生とも話し合い、そこに向けて動いていきましょうということになりました。




応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







↑このページのトップヘ