え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:PET-CT

昨日、腫瘍内科外来、受診してきました。


いつも通り採血して、採尿を。。。って思ったら今回は尿検査はないみたい。
胸部レントゲンはとった。


んで先生に呼ばれ、診察室へ


「どうですか体調は??」


「んー、ちょっと貧血感がぬけない感じなんですよね。」


「なるほど、、、ただ、血液の検査結果をみてみるとヘモグロビンや白血球の値は標準値よりは低いですが、貧血とまではいかない数値ではあるんですよ、標準値より低いのは抗癌剤治療をしているからねー。」


と、いつもと同じような感じ。
先生は続ける。


「◯◯さんの場合、手術をしてからの抗癌剤がTS-1だけでは不安もあってね、シスプラチンを術後4コース使ったわけなんですよね、
結果、PET-CTで再発や転移がなかったわけだからね、これまでのお話し通りTS-1のみで治療していきたいんです。
肺炎は炎症値を見ても、完治したといっていいでしょう。
前回からの休薬期間を計算して、もう開始できる日数は経っていますし、この数値であれば抗癌剤の治療は開始できます。
期間としてはあと半年、年内を目処にと私たちは考えています。」



「え、あの、半年ですか??昨年の12月から1年間治療をするというコトでしたけど、抗癌剤の治療を延期したり中止したりもしましたよ。。。」


「延期や中止はありましたが、今のところは年内を目処にと考えています、もちろんその都度検査はしていきたいと思っていますし、半年後にもCTをとりたいと思っています。その結果をみて再発や転移があるようであれば治療をしていかなければならないしね、なにもなければ治療を終えたいです。」


ほぉ、なるほど、そうですか、わかりましたよ先生。
確かに前回の治療から肺炎もありましたからね、休薬期間としては十分日数は経ってます。
とりあえずは年内を目処に頑張るかぁぁ。


それから先生とのお話しは続きます、TS-1を半年、1年、それ以上使ったときの再発率のコトやこれからのTS-1の服用期間や量のコト等々。

今までとは服用期間や量が変わりました。
それらは後日書くとして、


ということで今日から抗癌剤治療、TS-1、開始!!




最近暑いですね、水分補給しっかりとっていこう。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ





腫瘍内科、診察ですね。


PET-CTの結果がでました。


抗癌剤シスプラチン、TS-1を2クール、その後手術。
術後4クール。


今回の結果次第で抗癌剤治療は続きますが、TS-1のみになる。


結果は、


「再発、転移は認められません」


とりあえず一区切りついたかな。


手術できないって言われてたのが手術ができたり、再発転移の可能性は高いっていわれたり、スキルス胃癌術後の生存率だったり。
これからも闘病は続くけど、ここまでこれたんだなぁと、ひとまずホッとしたのが正直な気持ちです。






応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ




術後4クール後のPET-CTいってまいりました。


以前にも書きましたが、PET-CTとは、


PET検査とCT検査を同時に行い、両者の二つの画像を重ね合わせて(フュージョンといいます)画像を作る検査です。
PET検査とはFDGという、ある種の放射線(陽電子、ポジトロン)を放出する物質を血管から注入して、体の中でFDGがどの様に分布したかを写真に取る方法です。

造影CTはヨード造影剤という、レントゲンに写りやすい薬を血管から注入し、コントラストをより明瞭にしてCTを撮影する検査です。
また、ヨード造影剤の経時的な変化をみることで血流や血管の情報なども得ることができます。

PET-CTは機能画像、造影CTは形態画像と言われます。
PETはFDGが分布している部分が光って見えるのに対し、CTは形や大きさから病変かどうか判断する検査です。


いやいゃいゃいゃ、何回見直してもわからねぇぇえ。


前と変わらず地下2階での検査。


検査着に着替えます。
血糖値を図るために耳たぶをパチン。


そしたら今度はFDG(陽電子、ポジトロンを放出する物質)を注射していきます。



個室に戻って、1時間後に撮影しますんでってことで個室へ。
からだ全体にFDGをいきわたらせるため時間をおくわけです。
この際、携帯をいじるのも、本を読むのも禁止です。
動くと動いたところにFDGが集まってしまうらしく、ただただ何もしない1時間を過ごします。


なので、今回音楽はどうだと思いまして、


「あの、音楽はダメですか??イヤホン持ってきたんで」


「んー、あんまり激しくない、ゆるーい音楽なら良いですよ。音楽でも激しいと頭に集まっちゃうので。。。」


とのこと、ゆるーい音楽、、、。
なんかわからないから音楽聴くのもやめとこうと決断。


1時間後、20分くらいかけてCT撮影、


「狭いところとか大丈夫ですか??」
と確認されますが大丈夫です、と答える。


ダメな人はダメな検査なのかな??


終わったらまた45分くらい個室で休憩して終了です。


少量ですが被爆しているので時間がたつまではおしっこ2回流したり、人混みはさけたりとの説明を受けます。


大丈夫な量ではありますから敏感になる必要はないんですけど念のためです。
お子さんが寄ってきたら普通に接してあげて下さい。


今回も念のためあんまり子供に関わらないようにしましたね。


あと、前回もらったサイレース、ちょっと合わない気がして。。。
ブロチゾラムに戻してもらいました。



結果は6月6日に聞きにいきます。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






おはようございますm(__)m


今からがんセンターへ行ってきます★


術後4クール後のPET-CTですね。
コレの結果次第で今後の抗癌剤治療の方針が決まるんだろなぁ。
結果を聞きに行くのは6月6日予定っす。




とりあえずいってきやす(  ̄ー ̄)ノ
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ









今日の夜でTS-1飲み終わり。
術後4クール目終わり。


よーやったな(自分でいう笑)


明日から休薬期間に突入します。


2週間後にTS-1がまた再開予定かな。


んでですよ、今までの評価をPET-CTでするということになっておりますわ。


5月28日にPET-CT予定ですね。
PET-CTは色々しばりがありますよねー、待機時は携帯さわれないとか、本も読んじゃダメとか。


まぁ、がんばりますかぁぁぁ。




精神的に落ち着いてきました。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







↑このページのトップヘ