え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:CT

明日から休薬期間に突入します。


抗がん剤の副作用は毎回違うのでどのくらいで復調するのかがわからんです。。。


でも、だいたいは休薬期間に入る頃くらいには復調し始めてますかね。


今日は前に働いていた会社の社長と、大先輩が家まで会いに来てくれましたm(__)m
わざわざ、ありがとうございます、嬉しいですね★


お元気そうでなによりです(^ー^)


あ、写メ撮れば良かった、、、撮り忘れた、、、。


また、遊びに来てくださいm(__)m


明日は腫瘍内科の外来で検査ですね。
術後2クール後なんで、CTとかもあんのかな。


とりあえず明日、行ってきますわぁぁぁ。







応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング




前回のお話しの翌日のことでした。

ガンセンターからの電話が掛かってきたのです。

「もしもし、ガンセンター看護師の○○ですが、○○さんですか??」

「ハイ、そうです。」

「ちょっと、担当の先生に変わりますね。」


…………嫌な予感がしました、そもそも、ガンセンターからの電話自体、良かった話しのためしがなかったので……。


「担当医の○○です。○○さん、すいません、実はお話ししたいことがありまして。」

「あ、ハイ、どうかしましたか?」

「先日お話しをしましたCTの件なんですが、専門医の先生に診てもらったところ、○○さんとお話しをさせて欲しいとのことなんですね。
なので、腫瘍科というところでもう一度お話しをしましょう。」

「えっ……、それは、僕のCTで異常が見つかったということですか??」

「んー………、専門の先生に診てもらったところですね、転移が見つかってしまったようなんです…」

────!!
(´д`|||)

ウソだろ………、転移……、いやいゃいゃいゃ、先生、理解が……、えっ……、いゃいゃいゃ。

「え、いゃ、それはどうなんすか?
どうなるんですか?」

「はい………、転移が見つかってしまった以上ですね、手術、というわけにはいかなくなってしまったんです……、抗がん剤での治療ということになります。
今までは手術に向けて段取りしていたわけなんですが、そうではなくなってしまい、これからは腫瘍科というところで抗がん剤をどう打っていくかのお話しをしていかなければなりません。」

マジすか………、いやいゃ、先生先日ほぼないってゆってましたやん……。

「え、それは、んーと、手術はできないんですか??」

「はい……、あの、腹膜というところに転移があるとですね、手術はできないんです…。手術をしてしまうことで生命力が低下してしまい、残されたガン細胞が活性化してしまうということもありますので……、今、現状、腹膜に転移している以上、すべてのガンを取り除くことは極めて難しい状態です。」

「そうなんですね……、わかりました、とりあえず、腫瘍科……ですね。」

「はい、そうです……、腫瘍科になります。」

そして、腫瘍科の予約を取り、電話を切りました。

この時点ではあまり実感はなく、とりあえず話を聞きに行こうってな感じだったかと思います。

おそらく、完璧に理解できてなかったんだと思いますし、理解したくなかったんでしょうね、現実逃避的な感じだったと思います。
なんとかなるっしょ的な感じもあったかもしれません。

次は腫瘍科です。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


今、現時点わかっている範囲内でのお話しを聞く為、担当の先生の元へ。




「○○さん、お疲れ様です、とりあえず今わかってる範囲でのお話しですね。」


「はい、お願いします。」


「そうですね、まだ、CTの専門の先生に診てもらってはないので転移があるかないかに関してはまだわからないのが現状ではあります。
只、大腸内視鏡では転移は見つからなかったのと、CTを外科医の先生に診てもらったところ、おそらく、転移はしてないだろうとのことだったので、胃の摘出手術をする方向でいきたいと思ってます。
なので、外科医の先生と次回お話しができるようにしておきます。」


「え、先生、転移はなかったということでいぃんですか??」


「んー、ほぼ、大丈夫だと思います。外科医の先生にも診てもらいましたので……、
只、CT専門医の先生に診てもらってからという形にはなりますけどね。」



「わかりました、ありがとうございます。」



とりあえず、転移はほぼ、ないだろうとのことだがまだ確実ではないということ。
次回、外科医の先生とお話しをすることが告げられた。


とりあえず、確実ではないにしろ、ホッとした気持ちがありました。

そして、じゃぁ、家族や親しい友人にもやっと伝えられるな、と思い、連絡をしました。


ですが、コレが後々、後悔してしまうこととなってしまうのです。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


はい、ということでね、やって参りました造影剤を使ったCTの検査ということでね………………。

いゃ、まったくわかんねぇぇ……。

CTはギリわかりますが、造影剤ってのがよくわからんすよね。


聞いたらですね、血液の中に造影剤というものを入れて、その造影剤がどう動いているかってのをCTで見ていく検査ということらしいんですねー、ガンの転移なんかも調べていくと、そういうことですね。


で、まず、着替えます。

んで、造影剤の拒否反応がないか少量打って確かめます。

「◯◯さん、大丈夫ですかー??」

「はい、大丈夫です。」

「では、造影剤入れていきますねー、副作用で体が熱くなりますからねー」



──────!!!!

あ、熱い!
全身を電気が流れるような感じで熱さを感じました。
例えるならば、体験したことないですけども、
名探偵コ◯ン君で、新一がAPTX4869(←合ってます??)を飲まされ、体が小さくなった時のあの
──「ドクンっ!」
というあの感じっぽい。

あ、でも、体がびくってなったりだとか、ドクンっが続くとか、そんな大袈裟な感じじゃないっす、只一瞬、熱さが全身を駆け巡るような感覚ですね、ハイ。

まぁ、大丈夫です、ハイ。


そして、ここからCT検査です、仰向けに寝て、息を吸ったり、吐いたり、止めたり、指示を貰いながら撮っていきます。



念のため体が縮んでいないか確認しまして、検査終了ですね。


次はエコー検査です!


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


胃カメラが終わり、検査報告の為に部屋へと案内をされました。

「担当医師の◯◯です、よろしくお願いします。」

「はい、よろしくお願いします。」

「◯◯さんの胃なんですけどね、改めて診させて頂いてなんですが、こういう形になってるんです。」

と、先生はわかりやすく図に書いて説明をしてくれました。

「胃がありますよねー、で、この部分なんですけど…………」
と、説明をして頂きました。


要するに、胃ガンの中でもスキルス胃ガンという名前のガンということ。
進行具合は正直、初期よりも進んでしまっているということ。

手術するにしても内視鏡ではなく、この進行具合であれば開腹手術になるので、それを目指してスケジュールを組んでいきましょう、ということになった。

そのスケジュールには、手術に耐えれる体かどうかの検査や、他に転移があるかどうかの検査も含まれていました。

「はい、わかりました、よろしくお願いします。」

その後、血液検査、心電図の検査を終えてから帰宅。

帰宅してからスキルス胃ガンについて調べてみることに、

すると、

比較的30代~40代に多くみられる胃ガンということ。
悪性が強く、進行速度も早いガンだということがわかりました。
ステージは1~4まであり、処置のしかたもそれによって変わるということです。

とりあえず、先生の言うとおり、手術に向けた検査、スケジュールをこなしていくしかないなと思いました。


この時、僕は、手術したら大丈夫なんだろうと考えていました。
でも、胃の摘出ってどのくらいなんだろうとか、ちゃんと食べれるのかなとか、そういうことを考えていました。
もちろん、最悪のパターンも頭にはありましたが、それは確率的には大分低いものだろうとある種の決めつけでそこまで考えてはいなかったのです…………。




次は造影剤を使ったCT検査!!


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ



↑このページのトップヘ