え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:CT

20日のCTの結果は抗生剤が効いている為、影はだいぶ無くなったとのことでした。
血液検査の結果と合わせても良好であるとのこと。


ただ、まだ少し影があるのと、熱がある、ということで抗生剤が延長になりました。


肺炎の場合、72時間発熱が無ければ治療がおわれるらしい。


順調にいけば抗生剤はプラス2日間、つまりは今日までで土日に退院しても良いと言われました。
今のところ平熱を保っていますので退院できるかなぁと思っていますね。


日曜日に退院予定です☆






W杯、日本対セネガル、家で観れるかもだze。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






今日で入院してから1週間が経ちます。


抗生剤を1日3回、
朝の6時、
昼の14時、
夜の21時、
の3回。


朝の抗生剤をうつと、結構な頭痛があり、カロナールを飲んで落ち着かせている。
抗生剤のアレルギーとかそういうことじゃないみたいなのでカロナールで様子をみましょうってことに。
熱は下がってきていてたまに37度後半の熱は出るけど38度以上にはならなくなってきた。

昨日の血液検査とレントゲンの結果は良好らしく、しっかり抗生剤が効いてくれているみたいです。

まだ、咳は出るんすけどね( ´_ゝ`)

今日は午後からCT検査があって、その検査結果次第で点滴から飲み薬に変わったりと治療の仕方が変わる。


良い結果になればいいなぁぁ( ´∀`)




話しは変わりますが、W杯、日本、勝ちましたね!!
コロンビアに2対1。
消灯後の病室でイヤホン着けて見てましたよ。
同室の皆さんも見てたんじゃないかな、(四人部屋で四人満室)点が入った時、よっしゃみたいな声聞こえたわ笑
同じ部屋にいる4人、カーテンで区切ってはいるけど同じテレビ見て、感動している笑
コレはなんといったらいいのか、一緒に見ているといっていいのか??
だったら一緒にみればいいじゃないかと皆さん思うかもしれませんがテレビ小さいし、点滴とかあるし、ベッドに横たわって見てるし。
コレがベストな状態。


うん、よし、次戦も同室の皆さん、近距離ではありますが各々応援していきましょかぁ!!

翌日の朝にでも共有しましょうぜよ。


予選グループ突破もあるんじゃないか。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






こんにちは(  ̄ー ̄)ノ


今日は腫瘍内科の診察と泌尿器科の診察、腎臓のエコー。


まず、腎臓のエコー検査から。
前回は泌尿器科の診察室で泌尿器の担当医の方に診てもらったんですけど、今回はエコー検査室で検査技師の方に診てもらう。


「では右と左、両方みますねー、右からみますよー。」

と、検査が始まる。


ん、、、長い。。。
いゃ、ホントに長い。。。


「では次、左みますねー。」


「あの、なんか右にありましたか??」


聞かずにはいられんかった……。


「え、何故ですか??」


何故か先生が驚いた感じになっとる。


「あ、いゃ、ちょっと長かった様に感じまして。」


「あー、もしかして前回短かったですか??」


「ハイ、今日よりは……。」


「あー、この部屋では初めてですよね。
このぐらいの時間はかけるのが普通なんですよ、すいません、始めに言えばよかったですね。」


そうだったのか、とりあえずほっとした。


その後、泌尿器科の担当医の診察。


エコーの画像やCTを見た限り前回と変わらない評価、軽度の症状ということらしい。
尿検査は経過としては良好。

腎臓の機能というのは一旦落ちると回復はしないらしく、前回から変わらない、症状が落ち着いているとのことでとりあえず、泌尿器科は卒業となった。


「何かあったら腫瘍内科から連絡下さい、何もないことが1番なんですけどね」

と、泌尿器担当医と挨拶を交わした。

お世話になりました。
ありがとうございます、色々とわがままいってすいませんでした(/´△`\)m(__)m




こんにちは(  ̄ー ̄)ノ
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






明日から休薬期間に突入します。


抗がん剤の副作用は毎回違うのでどのくらいで復調するのかがわからんです。。。


でも、だいたいは休薬期間に入る頃くらいには復調し始めてますかね。


今日は前に働いていた会社の社長と、大先輩が家まで会いに来てくれましたm(__)m
わざわざ、ありがとうございます、嬉しいですね★


お元気そうでなによりです(^ー^)


あ、写メ撮れば良かった、、、撮り忘れた、、、。


また、遊びに来てくださいm(__)m


明日は腫瘍内科の外来で検査ですね。
術後2クール後なんで、CTとかもあんのかな。


とりあえず明日、行ってきますわぁぁぁ。







応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング




前回のお話しの翌日のことでした。

ガンセンターからの電話が掛かってきたのです。

「もしもし、ガンセンター看護師の○○ですが、○○さんですか??」

「ハイ、そうです。」

「ちょっと、担当の先生に変わりますね。」


…………嫌な予感がしました、そもそも、ガンセンターからの電話自体、良かった話しのためしがなかったので……。


「担当医の○○です。○○さん、すいません、実はお話ししたいことがありまして。」

「あ、ハイ、どうかしましたか?」

「先日お話しをしましたCTの件なんですが、専門医の先生に診てもらったところ、○○さんとお話しをさせて欲しいとのことなんですね。
なので、腫瘍科というところでもう一度お話しをしましょう。」

「えっ……、それは、僕のCTで異常が見つかったということですか??」

「んー………、専門の先生に診てもらったところですね、転移が見つかってしまったようなんです…」

────!!
(´д`|||)

ウソだろ………、転移……、いやいゃいゃいゃ、先生、理解が……、えっ……、いゃいゃいゃ。

「え、いゃ、それはどうなんすか?
どうなるんですか?」

「はい………、転移が見つかってしまった以上ですね、手術、というわけにはいかなくなってしまったんです……、抗がん剤での治療ということになります。
今までは手術に向けて段取りしていたわけなんですが、そうではなくなってしまい、これからは腫瘍科というところで抗がん剤をどう打っていくかのお話しをしていかなければなりません。」

マジすか………、いやいゃ、先生先日ほぼないってゆってましたやん……。

「え、それは、んーと、手術はできないんですか??」

「はい……、あの、腹膜というところに転移があるとですね、手術はできないんです…。手術をしてしまうことで生命力が低下してしまい、残されたガン細胞が活性化してしまうということもありますので……、今、現状、腹膜に転移している以上、すべてのガンを取り除くことは極めて難しい状態です。」

「そうなんですね……、わかりました、とりあえず、腫瘍科……ですね。」

「はい、そうです……、腫瘍科になります。」

そして、腫瘍科の予約を取り、電話を切りました。

この時点ではあまり実感はなく、とりあえず話を聞きに行こうってな感じだったかと思います。

おそらく、完璧に理解できてなかったんだと思いますし、理解したくなかったんでしょうね、現実逃避的な感じだったと思います。
なんとかなるっしょ的な感じもあったかもしれません。

次は腫瘍科です。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


↑このページのトップヘ