え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:転移

おはようございますm(__)m


先日、術後1ヶ月後のPET-CTいってきたわけなんですけどもね、結果を聞くのと抗がん剤開始日が決まりました。


PET-CTに関しての検査結果としては、
再発、転移は認められません。
との一文がパソコン上に書かれていました。
きちんと、ある種の検査をして結果が出たことに関しては良かったです。
ただ、4~5㎜以下のガン細胞は写りこまないことや、スキルス胃ガンの脅威を考えると抗がん剤は必ずやった方が良いですってことで、やはり1年内の再発率は高いですからね、
今日から抗がん剤が開始となりました。


TS-1の錠剤、前回よりも減量した状態からのスタート。
胃がないからか、術後だからなのかはわかりません、今度聞いてみよう。


んで来週入院してシスプラチンの点滴という流れです。


このままいくと年末年始は休薬期間になんのかな、クリスマス辺りは副作用がきてそうな気がするけども。。。


クラッカーぶっぱなす勢いで乗り越えたいとは思っています。






応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします★
とても励みになっています!


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング




こんにちはm(__)m


腫瘍内科にて診察が終わりましたね。
抗がん剤が2クール終わって、CTを撮ったわけなんですけども……、やはり撮ったばかりなので正式なレポートはまだハッキリとはだせないということでした。
専門の先生にみてもらって会議やらを経て、後日改めて詳しくお話しします。
とのことでした。


ただ、腫瘍内科の先生いわく、私のみる限りでは増悪ではないと、最低限、現状維持はできていると思いますと言われました。


とりあえず詳しくは後日、ということなので待ちましょうかね。


今度は週明けに胃カメラですね。
前回はしんどかったので、今回は安定剤を希望しました。


ふぅ、頑張りますか。





ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします。
とても励みになっています!
ありがとうございますm(__)m


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


1504929923981



地元の海。
日差しが強すぎて長時間はキツイんでサクッと見ましたね。
気持ち良かったです。


sketch-1505212215222



楽天!
会場で友達が働いてたのでサクッと顔だけだして帰りました。



sketch-1505213669347




友達が駆けつけてくれて牛タン食いました。
食べれることは食べれるんですけど若干吐き気がありますわな。


んで体力の限界がきてしまったので解散。


中々濃い1日でしたわ。


ありがとう、また連れていってくれ!!


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


おはようございます。


尿管ステントの留置、いってまいりました。
ちょっと寝れなかったり、不安もねあったんですけどね、いってきましたよ。


尿管ステントですが、
水腎症というもので、ガン細胞の転移により尿管が狭くなってしまっており、尿が腎臓から流れにくくなってしまっているんですね。
(水腎症はガン細胞の転移によるものもありますが、その他にも原因は多々様々あります)


なので、腎臓と膀胱を繋ぐステント(管)を留置して腎臓の働きを助ける為の処置をするということですね。
(ワンクール目の抗がん剤が腎臓の負担が大きいものなので)


腎臓の負担は無くなりますが、尿管を狭くしている腫瘍をがなくなるわけじゃないので、悪化した場合は他の手段も考えないといけないかもしれません、今のところ、腎臓から流れてくる尿の量は尿管が狭くなっているものの異常値ではないので当分は大丈夫だとは思いますが。
徐々に尿の出が悪くなったり、トイレにいく回数が増えたり等の場合はなにかしらのサインですね。


で、ともあれ、呼ばれましたよ。。。


ってもあんまり詳しく書くのもアレなんでね、サクッと書きますよ。


麻酔、安定剤も無しだということでね、ちょっとビビってましたが、いざ、終わってみるとそこまでじゃないです。
先生から聞いていた通り、緊張とかはあるかもしれないけどそこまで心配しなくて大丈夫です、という感じでした。


膀胱内視鏡を尿道から挿入しますが、あまり感じませんでした、途中、チクッとする箇所はありますが痛みというより、違和感な感じですかね。
初回の留置はちゃんと留置されてるか確認作業があります。
(尿管ステントは3~4ヵ月に一回交換)
次回の交換時は交換だけらしく、すぐ終わるらしいです。


ってかな感じで終了でした。


終ってからはちょっとしばらくしてからですが排尿時に痛みがありました、ステント留置による影響でしばらくすると治るみたいです。
血尿も出ますが、これもステントの影響で擦れたりしてしまうと出るらしいのでこれもしばらくすると慣れて止まるみたいです。


痛み止めももらえますのでヒドイ時は飲んだ方が良いですね。


僕は痛みが続いたので一応、飲みましたよ。。。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ

入院前日、家族でゆっくり過ごしました。


抗がん剤投与の為の入院となり、自分は1回目、1クール目の投与となります。

錠剤と点滴、2種類の抗がん剤を使っていくことで効果をあげていくみたいです。

錠剤に関して、TS-1というもので20日間飲み続けます、コレは通院、自宅でも良いみたいです。

点滴に関して、シスプラチンというもので1日で終わります、が、腎臓に負担がかかるので前後1日で水を点滴していきます、あと、吐き気止め、利尿剤、点滴していきます。
コレは入院しなければならず5日間程度入院するという説明を受けました。


今回は初回ということで、10日間の入院になり、その間で尿管ステントの留置、抗がん剤投与(錠剤、点滴)、退院帰宅後、錠剤を10日間飲んで行くということになります。


正直、まぁ、ビビってる部分と、なんとかなるかとポジティブな部分と、不安な部分と……、あるんですが、まぁ、出来る限りのことはやらないとね、イカンですからね、家族や色々な人達の為にもね。

闘病ですね。



よし、とりあえずGEO行ってNARUTO借りてきますわ!!


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


↑このページのトップヘ