え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:胃カメラ

おはようございますm(__)m


昨日ですね、今年に入ってから3回目、人生で4回目の胃カメラをしましたよ。


ちょっと前回はキツかったんで今回は安定剤を使うことにしました。


最初にのどの麻酔をするんですけどね。
霧吹きみたいなやつでのどに5回くらいシュッシュッとします。
それをのどにためておくんですけど、吹きかけてから2秒くらいで吐き出します。


いゃ、ちょっとはやくないすか?!
もうちょっとためておいた方がよくないすか?!
って思ってたら看護師さんが、

「では、こちらです。」

今回は展開が早い気が……


ベットに横向きになり、安定剤を打ってもらいましていざ検査に。




やはり、気づいたら終わってました。
完全に記憶がないわけじゃないですが、最初、若干キツかった感じの記憶はありますね。
前回よりも胃カメラ検査じたいの時間が短かったのかもです。
いずれにしても、前回ほどのキツさは無かったです。




うん、やっぱり安定剤の力、TUEeeeee!!



ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ

こんにちはm(__)m


腫瘍内科にて診察が終わりましたね。
抗がん剤が2クール終わって、CTを撮ったわけなんですけども……、やはり撮ったばかりなので正式なレポートはまだハッキリとはだせないということでした。
専門の先生にみてもらって会議やらを経て、後日改めて詳しくお話しします。
とのことでした。


ただ、腫瘍内科の先生いわく、私のみる限りでは増悪ではないと、最低限、現状維持はできていると思いますと言われました。


とりあえず詳しくは後日、ということなので待ちましょうかね。


今度は週明けに胃カメラですね。
前回はしんどかったので、今回は安定剤を希望しました。


ふぅ、頑張りますか。



ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ

本日にて2クール目が終了します。
TS-1の錠剤を朝に飲んで終了ですね、その後、2週間の休薬期間に入ります。


前回、1クール目よりも副作用が長かった様に感じましたね、蓄積されてるのかな。
特に、ダルさと吐き気、貧血な感じは今でも感じます。
今までの万全の体調が100、だとしたら、70、良くて80が常になってくるのかもしれません。
今のところ60~70って感じですね。


これが蓄積されて体力がどんどん落ちてくると抗がん剤を打てなくなるということなのかな。
多分、そうゆうことなんでしょう。


さて、スケジュールとしては本日で2クール目が終わったので、今後、PET-CT、心電図、胃カメラ、etc…の検査があります。


抗がん剤が効いているのかどうかの検査、ですね。
効いてたら継続。
効いてなかったら別の抗がん剤になんのかな。


スキルス胃癌の場合、副作用がキツイわりに抗がん剤が効きにくいと話しには聞くのでどうなんでしょうか。


いずれにしても、検査次第ですな。
多分、効いてると思いますわ。
だってキツかったもの。
頼む、効いててくれー。


検査終わったらまた報告します。




ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ

こんにちはm(__)m


今回ですね、よく頂ける質問があったので答えさせて頂けたらと思います。



検査を受けるきっかけとかあったんですか?
胃が痛いとか自覚症状は、無かったんですか?
今思えば…みたいな事でもあれば聞かせて欲しいです。
という質問ですね。



んーとですね。
実は二十代前半からお腹の調子はあまり良くなく痛みもあったんですね。
それが今回のガンではないのかどうかはわかりませんが……。


それで、二十代前半に胃カメラを受診したんですがその時はポリープはあったものの異常はなかったです。
痛みは、まぁよくあるストレス性のものなんじゃないかという結論に。


ただ、慢性的に痛みは続いていたので病院にはその都度近くの病院に行ってましたね。
痛みが続いたこともあったので、今度は二十代後半ですかね、大腸内視鏡を受診しました。


それでも異常はなく、これまた過敏性腸症候群、ストレス性のものなんじゃないかという結論に。


ずっと痛いわけではなく慢性的なもので、クスリを飲むと落ち着いたりもあったので、その都度近くの病院でクスリ貰うみたいな感じでした。
係つけの病院に通院したりしていれば、ちょっともう一回検査とかって話しにもなったかもしれません。

自分自身、若いということもありガンの可能性はあまり考えない診断が多かった様にも今思います。
検診だけしてクスリだして終わりますみたいな……。

胃カメラも勧めらる場合もありましたが、3ヶ月先なら空いてるとか言われて、じゃぁ、大丈夫です、ってなったこともありましたね。


そんな感じで、三十代前半まできてしまったんですね。



今回受けるきっかけとなったのはこのブログの最初の方のブログにも載せましたが、町のバリウム検査があったからなんです。
正直、バリウム検査って会社の健康診断なんかでも35歳からってのが多いと思うんですよね。


自分はまだ33歳だったので受けたことがなかったことと、痛みは継続的に続いていたこと、
継続的な痛みは、無いときは本当に無いんですよね。
でも、やはり嫁からの勧めが一番大きかったすかね。


後の流れはこのブログに書いた通りですかね。


ただ、バリウム検査では中々初期の異常を見つけることは難しいかなぁとはいわれてますからね、より精密な胃カメラを受けた方が良いかなと思います!
スキルス胃癌の場合は初期だと胃カメラでも発見は難しいと言われてしまっていますが……。
お腹の痛みや異常を感じたら定期的に胃カメラを受診した方が良いかと思います。


先日発表された、少量の血液で初期のガンでも発見できる検査が1日も早く実用化できたらと思いますし、祈ってます。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ

新しく紹介された、規模の大きなガンセンター。

紹介状を渡して、受付を済ませ、消化器科に案内され、待つこと数分。

「◯◯さん、どうぞ」

部屋に入り、説明を受けます。

「紹介状ですね、わかりました。では、色々な検査を受けて頂いてその結果を踏まえてお話しをしましょう、とりあえず検査の説明をしますね。」

ということで、色々な検査の説明を受けました。
胃カメラ、大腸内視鏡、CT、心電図、etc………。

メッチャあるやん……。

「◯◯さん、今日は何か食べてきてますか??」

「あ、いゃ、前のガンセンターから一応食べないで行ってくれと言われてましたので食べてません。」

「では、胃カメラやってしまいましょう。」

「え、はい、わかりました。」

マジか…………、いゃ、ある程度は覚悟してましたよ、けど、またやんのかと……。

でも、詳しく調べる為に、根治の為にも、頑張ります、やります!


僕、やります。

やらせて下さい!

僕は、ヱヴァンゲリ◯ン初号機パ………………。



ふざけてすんません……、題材的にもふざけたらアカンやつやとは思うんすけど、ちょっとでも明るくいきたいんすよ……。

すんませんがお許し下さいm(__)m
そして、お付き合い下さいm(__)m


というわけで、前回の胃カメラから短めのスパンでの胃カメラ検査、いって参ります。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ

↑このページのトップヘ