え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:肺炎

こんばんはm(__)m
いつも拝読頂きましてありがとうございます( ̄ー ̄ゞ-☆


月曜日に肺炎と診断されまして、抗生剤を飲みながら安静にしていました。


しかし、月曜日の夜辺りから謎の腹痛が間欠的に表れまして、それが水曜日まで続き、 コレ、抗生剤飲み始めてから痛いんだが、、、。
ということで、あまりの痛さもあって抗生剤を飲むのを辞めて様子をみていたら、徐々に回復していったので、やはり抗生剤なのかなーと思いながらも病院へと電話をしました。


そしたら、やはり来てくれということでね、ちょっと手段がなくてアレだったんですが、タクシーで向かうことに。
病院について、診察室で同じ事をいったのですがあまり抗生剤で飲めなくなるってのは無いみたいで、先生は困惑していました。


僕は痛くて飲めないと言ったのですが、先生は他のクスリは飲めたの??と、物理的に聞いてきたので、いゃ、精神的に抗生剤が飲めないという意味なんだがと後で思いました。

まぁ、それくらい飲めなくなるって程のクスリではないということなのかな。


とりあえず、抗生剤の種類を変えたことと、明日、通常通り、診察日なので肺炎がどうなっているのかをレントゲンでみてもらうこと、腹痛に関してですが抗生剤が変わって明らかに痛みは和らぎましたが、まだ間欠的に痛みは続いているので診てもらうこと。
先生に相談してみて、CT等、入るかもっすねー。
原因を探りたいですわ。  


抗がん剤が打てるかどうかはまだわかりません、、、。
明日先生とお話ししてからですね。




お腹は地味に痛い(´д`|||)
応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村



闘病記ランキングへ








こんばんはm(__)m
いつも拝読頂きましてありがとうございます☆


今日は腫瘍内科にいってきました。
1週の休薬期間が過ぎ、13クール目が開始となる日でした。

なのですが、なんだか3日前から風邪を引いてしまった感じで、熱や鼻水、咳が少々ありました。
今日はすべての症状が軽くはなっていましたが、微熱があってダルさがありました。

んー、コレは抗がん剤はムリかな、、、、。
と思いながらも診察を受けたのですが、レントゲンのオーダーが入り、白い影があったので、CTを撮ることに、、、。


結果は、まさの肺炎、、、(´д`|||)
うそやろ、、、


放射線科の先生は薬剤性の肺炎ではないといっているが完全否定はできず、なにかのウィルス性の肺炎、前と同じよーな肺炎の見え方なのでそれかなぁということで、抗がん剤治療は延期、抗生剤で様子を見ることになりました。

採血のオーダーが3回入りまして、看護師さんに3回もきた人初めてですって言われました(笑)


症状としてはそんなにキツくはないのですが、あまくみず、ゆっくり安静にしておきたいと思います(ToT)m(__)m







果物とかうどんとか食べよう。
応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ



術後6日目、昨日はおしっこの管がぬけて今日は背中の管が抜けました。


少し動きやすくなったかなぁ( ̄ー ̄)
が、一人部屋から四人部屋へと移動。


しかし、僕は今のところ熱が9度まであがってしまっていてしんどい。。。
ダルい( TДT)


患者さんはどんどんくるわけで仕方ない、ワガママいうわけにもいかんし、差額ベッド代??っていうの?も高いしな。


今主治医がきて、熱の原因を調べてるらしいんだが、、、ポートの感染の可能性があるらしい。
ポート感染が怪しいなってなったら抜くからって言われた。


まじかよ、、、また手術なのコレ。
ポート抜去って手術になんのか。


とりあえず熱を落ち着けたいところです。





応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








おはようございますm(__)m


今日で手術後4日目となります、今は痛みは落ち着いていますが手術が終わってから2日間は、
「え、コレ、前回の胃全摘出のときより痛いんじゃねーか、、、」
という、状態でした。


痛み止め、アセリオ、ロピオン、硬膜外麻酔等を駆使し、痛みと闘っていました。


まだおしっこの管、背中の管は入ってます。


また落ち着いたら書きますわ。


応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ










今日は入院4日目、人工肛門の手術日です。


3日目のコトはまたの機会に書けたら書きますかね。


一応予定では10時半からとなっていますが、、、
ちょうど今、さっき、M先生がきてくれまして


「◯◯さん、まだ鼻と喉の調子が良くないそうですね、熱は下がったようですが、、、。」


「はい、そうですね、自分的には大丈夫かなぁと思っています」


「そうですか、んー、私としては週明けの方が良いのではないか、と思っています。
術後の肺炎等も気になりますし、緊急的に手術が必要というわけでもない。
奥様がくるまで、麻酔科と相談してきますのでもう少しお待ち下さい。」


とのこと。


その後、何人か看護師さんがきてくれまして、なんか延期になりそうなんだよー。
麻酔科と話してみてかららしいけどね。
と何人もの看護師さんが教えてくれました。


んー、ちょっと今日は難しそうですねー、手術延期になりそうです。


と思ってたらM先生再び登場


「さっき麻酔科の先生ともはなしてきたんですけどね、ちょっと延期にした方がいいとのことになりました。
やっぱり肺炎とか痰の出し方とかね難しくなると危険ですから、体調を整えて手術をするのが1番だと思います」


「そうですか、わかりました。」


と、延期が確定しました。
今後、体調が回復するまで1度帰宅してから再入院するか、このまま入院するか等、嫁さんと決めることになってます。


クスリも処方してくれるそうなのでのみながら体調を整えたいと思います。







応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ










↑このページのトップヘ