え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:癌性腹膜炎

あれからですね、体調を崩しまして、今、ちょっと具合悪い感じが続いていました。


抗がん剤も延期となりまして、MRIも来週に延期、、、。



PCを開く余裕がなく、更新できないでいました。


コメントには随時返信させて頂きますm(__)m
よろしくお願いいたします。



非公開コメントもありましたが、返信はさせて下さいm(__)m
とても励まされました。


色々、コメント頂きました、ありがとうございます🙇
なんと返したら良いのか、、、といったコメントや、とても励みになるもの、色んなコメントを頂きました。
そんななか、具合が悪い状態で考えて返信することは難しくて、、、遅くなり大変申し訳ございませんでした。





そして、前回のお話しで僕が言いたかったコトは、現状と、今の気持ちです。


前から読んでいただいている方はご存知かと思いますが、ここまでくるのに色々な経緯がありました。

ひとつのお話だけ読んだだけだど、若干、理解にズレがあるのかなぁと感じました。



前回のお話しで言いたかったコト


それは、抗がん剤を打てない、というわけではなく病状が安定しているから、打たないということもある、といわれたこと。
(実際に、抗がん剤を継続する体力はまだあります。)

しかし、カンファレンスの後、CTの見直しにより、影が見つかったこと。

この二つの事実の話しの落差が大きく、ショックだったこと。

だけど、決して諦めているわけではいないということ。
です。


前にも書いていますが、何年もがんと共存している方がいます、僕と同じスキルス胃がんでも。
希望は捨ててませんから安心してください。
たまにへこたれる時もあるけど(いつもか)




まぁ、ゆるーく、のほほんとね、やっていきますよー。


これからも、何卒、よろしくお願いいたしますm(__)m
応援いつもありがとうございます。
励みや元気、パワーをもらってます。
良かったら1日1クリックお願いいたします。
ゆるーく頑張りますわ☆


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍ランキング




癌性腹膜炎の所見(約1年前から言われとった)


ネットで調べても末期の症状、がんって書き方がほぼなんだが、、、。
治療に対してもネガティブで、これからどう生きるか、穏やかに過ごせ、みたいな、QOLをいかに大事に過ごすかが重要だって感じの書き方。


いゃ、あんまり良くないのはわかるけど調べたりするだろ、コレ。




正直、あと何年生きられるんだろうかって思った。
そういう現実を突きつけられた気がした。


1番最初に余命宣告をされたわけで、そういったところではあまり変わらんのかもしれんけど、改めていわれて感じたわ。


胃をとったのが2017年。
腹膜播種再燃?再発が2018年。
この、腹膜播種が癌性腹膜炎にあたるわけだが、今現在、それをいわれてからストーマを増設し、1年が経つ。
今も抗がん剤治療は続いている。


そういったところから、1年が経つということもあり、いろんな話があったわけなんだけど、とりあえず、今現在、1年の評価をするべく検査をしている。


ネガティブな話しばかりではなかったし、むしろ、プラスの話しもあった。
具体的に詳しくは検査が終わってからじゃないと書けないんだけど、

ストーマ増設から1年間治療して、水腎症、直腸狭窄、はあるけどCTの画像上ではなにも確認がとれず、目に見える再発・転移はないということだった。


コレが1年間変わらなかったことで、多分、先生としては病状が安定していると捉えた部分もあるだろうし、僕の年齢や家族のコト、抗がん剤は何十年と打ち続けるというのはリスクがある、でも、僕は何十年と生きていたい。
だから、抗がん剤を一旦やめて、進行が認められたら使うとか、そういったことを考えたのかもしれない。
先生の気持ち的な部分もあったんだと思う。


つまりは無治療でも大丈夫なんではないか、という話しがあったんですわ。


だけど、検査やカンファレンスが進むにつれて風向きが変わってきた。
まだすべての検査、カンファレンスが終わったわけじゃないけどね。
なんというか、正直、落差があってショックだった。
無治療という言葉を聞いただけに。



2018年、11月頃、癌性腹膜炎。
といわれたが、
今、再び、癌性腹膜炎の所見といわれ、以前と同じことをいわれているわけなんだけど、受けたショックは今回の方が大きかった。


なんでかっていうと、
CT画像で見られなかったものが、
改めて見直した結果、
大動脈のリンパ節、
みぎの臀部部
に丸い影があったといわれたからだ。


最初は戸惑ったし、
え、見直すってなに??
だったら最初からちゃんと見てくれよって思ったし、
というか、先生も、見直してから治療のお話しをするべきなんじゃないのか??
と思った。


CT画像は放射線科の先生が見てくれていたんだろうし、それを受けて、腫瘍内科の先生は僕に話しをしたわけで、それは間違ってない、
カンファレンスで改めて、外科、内科、何十人で画像を観た結果とゆっていたし。


先生はどうすべきか正直にいうと迷いがあるとゆっていたし、
だから多分、僕の今の状態がなかなかないレアなケースなんじゃないかなと思った。
その都度その都度が真実だったんじゃないかと思う。


先生は丁寧に説明してくれたし、なにより経験がものすごくあるわけで。
いわばプロなわけで。
その先生でも迷いがあって、でも、こういうことでいきたいという話しがあったんだけど、んでまず、カンファレンスしますって感じだった。
なんだけど、結果、こういうことではいけなくなったということだったんだわ。



ショックだった。



ショックだったけど、今までのことを考えると理解は難しかったけど納得はできた。
病状の辻褄が合うからね。


今まで闘病していて、目に見えないのがずっと続いていて、今後、無治療も選択肢の中にあったんだけど、目に見えたものがあって、やっぱり治療は必要なんじゃないか、という流れに今なっている。



あ、無治療かもしれないんだとも考えたし。
だけど、目に見えないものが見えたし。



落ち幅がでかかったんだわ。



だけど、だけど、やっぱり、前を向くしかねぇんだわぁぁ。
これでショックでした、終わりですってなったらイカンと思うわけで。


がんと共存している人達だってたくさんいる。
希望がないわけじゃないと思う。
誤魔化さずに立ち向かう勇気って言葉も教えてもらったし。
無期限の延命治療って激励もしてもらったし。
みんなからパワーとか、ひとりじゃないとか、応援とか、祈りとか、そーゆーもんをもらっているわけなんでね。
まだ、やれる。
幸い、痛みがあるわけではないし、今の現状で落ち着いているような感じもある。



だから、オレらしく、今まで通りゆるーくやったりますわぁ。
のほほんとね。
やることは変わんねぇんだわ。


コレが今の正直な気持ち。


ちょっと、わかりづらいとこもあるやもしれんが、まぁ、そんな感じなんでね。
よろしくお願いいたします。




応援いつもありがとうございます。
励みや元気、パワーをもらってます。
良かったら1日1クリックお願いいたします。
ゆるーく頑張りますわ☆
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍ランキング




↑このページのトップヘ