え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:抗がん剤

おはようございます☆
皆様、前回への記事にてコメントをいただきまして本当にありがとうございますm(__)m
今後の治療の参考にさせていただきたいと思っています。
念のため非公開にさせていただいていますのでご了承の程、よろしくお願いします。
本当にありがとうございました( ̄ー ̄ゞ-☆
ぜひ、これからもよろしくお願いいたします。



さて、昨日ですが抗がん剤パクリタキセル投与日でした。
血液検査の結果は問題なく、肝臓の数値もしっかり正常値に戻っている為、投与することができました。
またまた、ポララミン(可愛いネーミングのやつですわ)眠くなるぅ。
家に帰ってきてから眠気がピークでウトウト寝てました。
ウトウトしてたら子供達が上に乗っかって遊びまくってたんですけどね笑
うっすら記憶がありましたが、子供達の笑い声に目覚めかけ、眠りかけ、そんなんを繰り返した次第でございます笑


あ、そういえばルパンレンジャー、パトレンジャー最終回でしたね。
嫁の話では「感動したっ」ってゆってましたわ。
僕も観よう。


今の体調は、最近、お腹が痛い日とそうでもない日とがあって調子の良い日、悪い日があります。
トラマールを飲んでいて痛みが引くことがほとんどなんでまぁ大丈夫すかね。


体力は低下していて出掛けるところまでいけてません。
高カロリー輸液も24時間でやってまして、持ち運びはできるんですけどちょっとこないだトラブルがあって、訪問看護士さんを呼んだり、少し前の話ですが実家で輸液が空気で詰まってしまって、解除する機械が家にあるんで急遽帰ったりと。。。
少しずつ経験を積んでいますわ。
ってゆっても中々実際やってる方じゃないと詳しくわからんすよね。
イメージつきづらいっすよね。
とりあえず、僕のごはんは高カロリー輸液でちょっと管理が必要なんですわぁってことですよね。
慣れはありますがな。


次回投与予定日は22日の予定です。



治療について、腹腔内ポートに関しての情報は引き続き頂ければと思っていますので宜しくお願い致しますm(__)m






応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







抗がん剤2クール後に造影剤のCTを撮っていました。
先日、結果がでて聞いてきたので時系列はちょっと前後しちゃってますが報告です。


造影剤CTの結果は
直腸の壁は若干の軽減
水腎も若干の軽減
大腸に閉塞箇所がある


というものでした。
若干ではありますが症状の軽減ができたことはよかったです。
大腸の閉塞部は完全な閉塞ではないみたいなので口からの食事はとれていませんが口からの水分補給、クスリの経口はできています。
約4ヶ月間、高カロリーの輸液点滴でやっちょります。
たまに、アイスとかチョコとか食べちゃったりしてます。



そして、今、僕は治療に対して悩んでいます。
それは腹腔内ポートによる抗がん剤治療をすべきかどうか、です。
まず、できるかどうかの問題はあるかと思いますがそれはおいといて、、、。
今現在、腹腔内ポートから抗がん剤治療をされている方。
再発から腹腔内ポートをされているかた。
腹腔内ポートは知っているけどされていない方。
ぜひ、コメント下さい。
僕のブログはコメント非公開にもできますので、実際に公開はせず非公開にしているものもあります。
是非、情報を頂ければと思いますm(__)m
情報共有していければと思っています( ̄ー ̄ゞ-☆
よろしくお願い致します。









応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







最近、体力的な衰えを感じています、無気力な感じです。
体重は46キロまで低下、ちょっとやべぇなコレ。


今日は腫瘍内科へといってきました。
抗がん剤治療にあたり肺炎になってしまっていた&肝臓の数値が悪かった為治療延期となっていましたが、今回は治療することができました。


実はですね、この肺炎、先生からは
薬剤性の肺炎の可能性がある
といわれていまして急遽病院から呼ばれてCTを撮ったりしていたのです。


突然のガンセンターからの電話はビビりますよ(焦)


結果は今日聞いたわけなんですが、それまでは、あ、やべぇなコレ。。。
と思っていたわけなんですよね。


熱はだいぶ落ち着いてきたんですが、咳や痰、鼻水はまだでていましたから。


薬剤性の肺炎だったらつまりもう、パクリタキセルは使えないということになり、結果を聞くまで、なんともいえない不安がありました。
まぁ、僕の体力がどれくらいもつかという不安もあるんですけど。。。


とりあえずCTの結果、薬剤性の肺炎は否定され、肝臓の数値も正常に戻りましたんで抗がん剤が使えることになりました。


今日から3クール目が開始です。


少しほっとしたのが正直なところですね。
反面、いつまで使うことができるんだろうか、とも思いました。


できるだけ頑張っていきたいなとは思っています。


ポララミンがやっぱり眠くなりますわ。
帰ってきてからも眠気はとれません、今もなんだか眠いです。





応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







今日は腫瘍内科へ妹と一緒にいってきましたm(__)m


月曜日の診察時、肺炎になってしまった為に来週まで様子をみましょうということになっていました。
今週はちょっと治療はできないのではないかなぁと思ってはいました。


一通りの検査をしまして、血液検査、レントゲン撮影の結果、肺炎はすっかり治ってはいるようでしたが、肝臓の数値が悪くなっていました。


抗生剤を飲むことで一時的に肝臓の値があがってしまっているのかもしれません。
と言われまして抗生剤の服用は中止し、来週の検査をみて判断しましょうということになりました。


ですので、今回、抗がん剤パクリタキセルは延期となりました。


休薬期間が伸び、治療ができないことに対しての不安は残りますね。。。




ですがやはりポジティブに捉えて、長く治療を行っていくためにもここはゆっくり休んで免疫を高めて行こうと思います( ̄ー ̄ゞ-☆



あ、今日アレですよね。
アジアカップ決勝ですよ、少し夜遅めの開始ですけどコレは観ますわぁ。
優勝してくれぇぇぇ。



応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ




先日は造影剤CTを撮りに病院へといってきました。
やっぱりちょっと熱っぽくてダルい。


CT撮る時に看護士さんに伝えたら、診察しときましょうってことでCT後、腫瘍内科で診察となりました。


やっぱり造影剤は体が熱くなりますね、まぁ、もはや慣れましたけど。


んで腫瘍内科での診察。


僕はいのいちばんで、
「先生、あのー、肺炎じゃないっすよね??」
と、聞きました。


「いゃ、ちょっと肺に影があるんですよねー」
と、先生。


───────えー、まじかよ。。。

退院したばっかなのに入院はいややぁ。

子供達とまたしばらく会えなくなんのもいややぁ。

進行してしまっている肺炎なら仕方ないか。。。


と、思っていたら
「血液検査とインフルエンザ検査、レントゲンを撮ってまた診察しましょう」
と、言われまして


「ハイ。。。」
と、診察室をでました。


その後、すべての検査を終えて腫瘍内科へともどり診察室へ。
この時点ですでに体力はかなり消耗しておりましたね、ハイ。


んで検査結果
──────────「肺炎」。


まじか。。。(´д`|||)

「先生、入院じゃなくて抗生剤で様子をみましょうよ。」
と、ゆってみたら、
「まぁ、では、とりあえず次回診察までは抗生剤で様子をみましょうか」
と、ゆってくれまして帰宅となりました。
今すぐ入院しなければならないということではありませんでした。


まさかの肺炎( TДT)



次回は2月1日診察なんでそれまでは抗生剤飲みながら安静にしときますm(__)m






応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







↑このページのトップヘ