え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:尿管ステント

前回の続きを書きます。


んで腫瘍内科の先生に相談したら、ちょっと泌尿器の先生に相談しますってなったんですよ。


ってことは、ちょっと望みはあるんじゃないのかコレ、
と思ったんですよね。


言った時点でそれはムリといわれるかなぁと思ってたので。


その後、再度腫瘍内科の先生とお話しをしたわけなんですが、
結果からいうと外さない方が良いですと、
むしろ外すとかなにいっちゃってんの的な感じで泌尿器の先生に言われちゃいましたよと。


外すとなるとその後、熱が出る可能性もありますから入院とかも考えないといけないし、シスプラチンもうつわけですからねー、と。


泌尿器の先生は一筋縄ではいかないです的な感じで腫瘍内科の先生に言われました。



いやいやいゃ、この期待感どうしてくれるんですかぁぁぁぁ。


と思ったわけなんですけどね、そこはグッと堪えまして。


「そうでしたか、そうですよね、わかりました、やっぱりシスプラチンうつんだったらムリですよね、はい………、わかりました。」


と、なったわけなんですよ。


播種がないという判断のもと手術はできましたが、尿管部分は体の奥の方にあるため手術時に確認はできてないらしく、なんともいえないということみたいです。


いやいやいゃ、水腎症の原因は播種の疑いがあるからじゃないんかぃぃ。


つまり、播種はないから手術したけれど、尿管部分に腫瘍はあるかもしれないと、
そういうことなのか??


もはやよくわからなくなってきちゃいました。


なので、
「いゃ、ちょっと納得できないんで直接泌尿器の先生と話しをさせてください」


と、お願いをしまして直接お話しをしてきました。



次回はそのときのお話し!!







にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング




こんにちはm(__)m


尿管ステントなんですが、留置をしてから1月で半年になりました。
7月に留置、10月に交換、1月に交換予定と3ヶ月スパンの交換となっていましたが、手術ができたことで抜去できるんじゃないかと密かに期待をしていました。


外科の先生にも、もしかしたら今後の治療法によっては外せるかもしれません。
泌尿器の先生と腫瘍内科の先生と相談しないとわからないですけど。
と、言われていました。


と、いうのも、尿管ステント留置の生活がなかなかしんどいものになってきていまして……。


血尿、頻尿、長時間歩くのがしんどい、等々。


ただ、尿管ステントが入ってるおかげで腎臓が守られているということは理解しています、
絶対に留置しなきゃならない状況であれば腎臓を守る為にも入れておくべきだと思うんです。


そもそも、尿管ステント留置の理由が水腎症によるもので、水腎症の理由が腹膜播種の疑いの為だったわけです。
そして、抗がん剤、シスプラチンが腎臓に負担をかける為でもありました。


そこで今回手術ができたことで(腹膜播種があったら手術はできないといわれていました)もしかしたら外せるんじゃないかと思ったのです。


と、そんなこんなでまず腫瘍内科の先生に相談をしたのでありました。


続きは次回書きます!
すんません!





応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング



こんばんはm(__)m


本日、シスプラチン点滴、終了しました。


ステロイド、利尿剤、吐き気止め、水分やらも投与。


なんかわからんけど普通に夜ご飯食べれました。
良かった。


先生に聞いたら多分、ステロイドが効いてるんじゃないかといわれました。
食べれるうちに食べて!いわれたんですけどね、
いやいゃいゃ、
先生、気持ちはわかりますけどね、
わしゃ胃がないんじゃ、
食べていわれても限界値は低いんじゃ、
と、思ったんですけどね、頑張りましたわ。


体調的には若干回復したんですけどね、退院したぐらいから具合悪くなるんですよ。


抗がん剤3クール目なんでなんとなく体調の変化の流れはわかってるんですけど、
胃がないっていう状態では初なのでどうなるのか、早めに副作用がくるのかどうなのか。


とりあえず明日も点滴!!






応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします。
とても励みになっています。


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング




おはようございますm(__)m


ということで手術当日を迎えたわけなんです。


朝、起きてですね、熱をはかったら37度だったんですよ。


予定では9時に手術室に向かう予定だったんですけど、8時半に先生きまして、


「37度ですか、んー、延期したとしてもステントの影響であれば熱はまた出ちゃうかもしれないからね、37度であれば、手術、しましょう。」


っておっしゃいまして、


僕としてはある程度気持ち作ってたんでね、


「はい、わかりました。」


と、いうことで手術用の服に着替えまして手術室に向かったわけなんです。


手術室に入るわけなんですけどね、入る手前で嫁とオカンに見送られながら入ったんですよ。
なんか、戦の前の武士的なね、気持ちになったんですよ。
いゃ、戦もやったことないし、武士でもないんですけどね、そんな感覚だったんですわ。


んで手術室に入ったんですけど、手術室専任の看護士さんなのかな??
5、6人いらっしゃいまして、案内されながら手術台に寝たんですよ。


人生で初めて手術台に登ったわけなんすけど、これから手術するんだなという実感がリアルに湧いてきましたね。


手術台に寝てから硬膜外麻酔という麻酔をしました、背中になんか針なのか管なのか入れますね。
これは術後もしばらく入っているみたいです。
ここまでは記憶がありますね。


そこから全身麻酔、点滴で麻酔を効かせていくみたいなんですけど硬膜外麻酔の後、仰向けになってからの記憶が全くないです。


気がついたら手術が終わっていました、僕の戦は終わっていたのです。





応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします★
とても励みになっています!

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング



おはようございますm(__)m


そんなこんなで手術の為のトレーニングをしてたわけなんですよ。


そしたら手術4日前ですかね、熱が40度近く上がっちゃったんですよね。
んで色々と検査しますってなったわけですよ。


血液検査
尿検査
エコー検査
造影剤CT
レントゲン
インフルエンザの検査


という検査をしましてね、


結果…………、異常なし、原因不明。


おぃぃぃぃ!


まじか……、大丈夫なのか、オレ。的な感じになりまして、手術するかどうかは当日の朝に判断しますって言われたんですわ……。


熱の原因は不明だったわけなんですけど、おそらく、尿管ステントの交換によるものなんじゃないかということでした。
ステントの交換で熱が出ることがあるそうですね。


そんなこんなで当日まで熱が上がったり下がったりを繰り返していたわけなんですわ。


んで手術当日を迎えたのです。



話しは変わりますが、皆さま
コメントを頂きまして本当に本当にありがとうございますm(__)m
術前に見れたものも術後に見れたものもありましたが、とても勇気づけられ、励みになり、頑張れることができました。
なかなか、コメントを返せなくてすいませんm(__)m
まだ、病理の結果はでていませんがこれからも闘病は続いていくと思います。
これからもどうぞ、よろしくお願い致しますm(__)m





応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします★
とても励みになっています!

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング


↑このページのトップヘ