え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

タグ:ステント

こんにちはm(__)m


腫瘍内科にて診察が終わりましたね。
抗がん剤が2クール終わって、CTを撮ったわけなんですけども……、やはり撮ったばかりなので正式なレポートはまだハッキリとはだせないということでした。
専門の先生にみてもらって会議やらを経て、後日改めて詳しくお話しします。
とのことでした。


ただ、腫瘍内科の先生いわく、私のみる限りでは増悪ではないと、最低限、現状維持はできていると思いますと言われました。


とりあえず詳しくは後日、ということなので待ちましょうかね。


今度は週明けに胃カメラですね。
前回はしんどかったので、今回は安定剤を希望しました。


ふぅ、頑張りますか。





ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします。
とても励みになっています!
ありがとうございますm(__)m


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


尿管ステントの留置から約1ヶ月が経ちました。
その後の症状みたいなものを書いていきたいと思います。


まぁ、留置直前までは凄くびびってたわけなんですが、終わってみるとまぁ思ってた程ではなかったんですよね。


むしろ、留置後、ステントが入っていることで排尿痛だったり、血尿だったり、頻尿、残尿感があるわけなんですが(人それぞれ個人差があるようです)僕は一通り体感しました。


排尿通に関しては、術後、何時間かは痛かったですね。


血尿に関しては今現在も続いてますが、だいぶ薄くはなってきてます。
ステントが膀胱壁だったりにあたるのでそれが原因で血尿が続いたり、出たりするんすね。
先生いわく、日常生活に支障はないけど激しい運動は控えた方が良いですと言われました。
血尿はずっと続いてるのでちょっと不安だったんすけどステントがあるかぎりは続く人は続くみたいです。


頻尿はまぁ、ありますね。
夜もトイレにいきたくなります。


残尿感はあるときはあります、気になるときはしばらく座り込んで落ち着くまでまったりしてますね。


あと、排尿時にお腹がおもっくるしい感じになります、毎回じゃないけど、あるときはあるみたいな感じです。
これも先生に聞いたら尿管ステント留置によるものらしく、しゃぁないみたいですね。


これが1ヶ月経ったくらいの感じですかね、これらの症状は更に時間が経つに連れて体が慣れてくるものなのかもしれません。


尿管ステントは3ヶ月毎に交換なので、その時にまた書きたいなと思います!


ママレードボーイ実写化!!
懐かしい!


ドラクエは魔王城にレベル70で突っ込んだら楽勝で魔王を倒しました(´д`|||)
もうちょっと魔王がんばれよ、おわっちまったじゃねぇか。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ



これは僕が入院中の出来事です。


コレ、入院中のコトなんですけどね、2日目くらいかな。
まぁ、ちょうどNARUTOが中忍試験を受けてた時ですね。
尿管ステント入れた日のコトですよ。


入院してる部屋ってのが4人部屋なわけなんですよ。
なんですけどその部屋は僕含めて2人だったんですよね、そこに1人新たに入院するってことで3人になったわけですわ。


挨拶もしましてね、よろしくお願いしますと、まぁ、そんな感じだったわけですよ。


そもそも、同室してる方との会話はほとんどなかったですね、短期の入院の方が多いのかもしれません。
カーテンで仕切られていて、開けるのも閉めるのも自分なんすけど、まぁ、基本は閉めているわけですよ。


事件はその日の夜に起こったんですよ、
まぁ、なんというか、
新たにきた方のイビキがね、
もう、半端ないんですよ。
いゃ、僕もねたまにかいたりとかたまにヒドイ友達とかもいて耐性が無かったわけじゃないんですけどね。
丁度良いテレビの音量が、中、だとしたらそのイビキは、大、を完全に越えているわけですよ。


夜9時に消灯して、この静寂の闇の中、大音量のイビキが鳴り響く病室。


いや、コレ、NERENEeeeee!!!わけですよね。
ステント入れた後だったことあり、痛みもまぁあったんでね、痛いし、寝れないしみたいなね。

なんとか、朝方に寝ましたよ。

でも、でも、やっぱりね、わからないですけどね、ここにいるということは何かしらあっているわけだし、本人に悪気があるわけじゃないですし、寝れないのはキツイですけどね、
しゃぁないかなと思ったんですよね。



で、次の日、散歩行こうと思って病室出たら看護婦さんが声掛けてきたんですよ

「○○さん、昨日大丈夫でしたか!?
ちょっと、うるさくて寝れなかったんじゃないですか??」

って聞いてくれたわけなんですよ。

いゃ、廊下まで響いてたんかぁぃ、と
最早、病棟テロにまで発展してたのかぁぃ、と


だから僕は言ったんですよ。

「す、すいません、
病室変えてくださぃぃぃぃ!!!」


なんか、ごめんなさい、寝れないのはキツイ!!
ホントすいません!


したらその日のうちにお隣の方が移動したんですよね。

あ、そのパターンね、僕がいくわけじゃなくてね。

個室にいったんすかね??
うん、個室の方がね広いしね、ゆっくりできるし、良いと思いますよ!


したらね、向かいのカーテンがシャーッて開いてね、僕もちょうど開けてたんでね。


「ここの人どっかいったのかぁ??」

「あ、はい、みたい……、ですね。」

「そうかぁ、よかったなぁ、ありゃ、ねれねー」

っていって病室でていかれたんですよ。


オレだけじゃなかったんだと思って、ちょっと共感できたことが嬉しくてね。
同じ部屋にいて初めて交わした言葉がコレだったんですけどね、ATフィールド中和できて良かったと思ったわけですよ。


ま、結局のところね、みんなウィンウィンの形でね良かったですわ。



お向かいの方ね、僕が退院するまでに交わした言葉はアレだけだったですわ。
あの瞬間だけATフィールド全開でしたね、
次回入院時はもう少しATフィールド、すなわち心の壁を、すなわちカーテンを、ちょっとだけシャーッてしていきたいなと思います。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m
励みになっています!
1日1クリックお願いします★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


おはようございます。


尿管ステントの留置、いってまいりました。
ちょっと寝れなかったり、不安もねあったんですけどね、いってきましたよ。


尿管ステントですが、
水腎症というもので、ガン細胞の転移により尿管が狭くなってしまっており、尿が腎臓から流れにくくなってしまっているんですね。
(水腎症はガン細胞の転移によるものもありますが、その他にも原因は多々様々あります)


なので、腎臓と膀胱を繋ぐステント(管)を留置して腎臓の働きを助ける為の処置をするということですね。
(ワンクール目の抗がん剤が腎臓の負担が大きいものなので)


腎臓の負担は無くなりますが、尿管を狭くしている腫瘍をがなくなるわけじゃないので、悪化した場合は他の手段も考えないといけないかもしれません、今のところ、腎臓から流れてくる尿の量は尿管が狭くなっているものの異常値ではないので当分は大丈夫だとは思いますが。
徐々に尿の出が悪くなったり、トイレにいく回数が増えたり等の場合はなにかしらのサインですね。


で、ともあれ、呼ばれましたよ。。。


ってもあんまり詳しく書くのもアレなんでね、サクッと書きますよ。


麻酔、安定剤も無しだということでね、ちょっとビビってましたが、いざ、終わってみるとそこまでじゃないです。
先生から聞いていた通り、緊張とかはあるかもしれないけどそこまで心配しなくて大丈夫です、という感じでした。


膀胱内視鏡を尿道から挿入しますが、あまり感じませんでした、途中、チクッとする箇所はありますが痛みというより、違和感な感じですかね。
初回の留置はちゃんと留置されてるか確認作業があります。
(尿管ステントは3~4ヵ月に一回交換)
次回の交換時は交換だけらしく、すぐ終わるらしいです。


ってかな感じで終了でした。


終ってからはちょっとしばらくしてからですが排尿時に痛みがありました、ステント留置による影響でしばらくすると治るみたいです。
血尿も出ますが、これもステントの影響で擦れたりしてしまうと出るらしいのでこれもしばらくすると慣れて止まるみたいです。


痛み止めももらえますのでヒドイ時は飲んだ方が良いですね。


僕は痛みが続いたので一応、飲みましたよ。。。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ

入院前日、家族でゆっくり過ごしました。


抗がん剤投与の為の入院となり、自分は1回目、1クール目の投与となります。

錠剤と点滴、2種類の抗がん剤を使っていくことで効果をあげていくみたいです。

錠剤に関して、TS-1というもので20日間飲み続けます、コレは通院、自宅でも良いみたいです。

点滴に関して、シスプラチンというもので1日で終わります、が、腎臓に負担がかかるので前後1日で水を点滴していきます、あと、吐き気止め、利尿剤、点滴していきます。
コレは入院しなければならず5日間程度入院するという説明を受けました。


今回は初回ということで、10日間の入院になり、その間で尿管ステントの留置、抗がん剤投与(錠剤、点滴)、退院帰宅後、錠剤を10日間飲んで行くということになります。


正直、まぁ、ビビってる部分と、なんとかなるかとポジティブな部分と、不安な部分と……、あるんですが、まぁ、出来る限りのことはやらないとね、イカンですからね、家族や色々な人達の為にもね。

闘病ですね。



よし、とりあえずGEO行ってNARUTO借りてきますわ!!


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


↑このページのトップヘ