え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

カテゴリ: CT

こんにちはm(__)m


腫瘍内科にて診察が終わりましたね。
抗がん剤が2クール終わって、CTを撮ったわけなんですけども……、やはり撮ったばかりなので正式なレポートはまだハッキリとはだせないということでした。
専門の先生にみてもらって会議やらを経て、後日改めて詳しくお話しします。
とのことでした。


ただ、腫瘍内科の先生いわく、私のみる限りでは増悪ではないと、最低限、現状維持はできていると思いますと言われました。


とりあえず詳しくは後日、ということなので待ちましょうかね。


今度は週明けに胃カメラですね。
前回はしんどかったので、今回は安定剤を希望しました。


ふぅ、頑張りますか。





ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします。
とても励みになっています!
ありがとうございますm(__)m


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


はい、ということでね、やって参りました造影剤を使ったCTの検査ということでね………………。

いゃ、まったくわかんねぇぇ……。

CTはギリわかりますが、造影剤ってのがよくわからんすよね。


聞いたらですね、血液の中に造影剤というものを入れて、その造影剤がどう動いているかってのをCTで見ていく検査ということらしいんですねー、ガンの転移なんかも調べていくと、そういうことですね。


で、まず、着替えます。

んで、造影剤の拒否反応がないか少量打って確かめます。

「◯◯さん、大丈夫ですかー??」

「はい、大丈夫です。」

「では、造影剤入れていきますねー、副作用で体が熱くなりますからねー」



──────!!!!

あ、熱い!
全身を電気が流れるような感じで熱さを感じました。
例えるならば、体験したことないですけども、
名探偵コ◯ン君で、新一がAPTX4869(←合ってます??)を飲まされ、体が小さくなった時のあの
──「ドクンっ!」
というあの感じっぽい。

あ、でも、体がびくってなったりだとか、ドクンっが続くとか、そんな大袈裟な感じじゃないっす、只一瞬、熱さが全身を駆け巡るような感覚ですね、ハイ。

まぁ、大丈夫です、ハイ。


そして、ここからCT検査です、仰向けに寝て、息を吸ったり、吐いたり、止めたり、指示を貰いながら撮っていきます。



念のため体が縮んでいないか確認しまして、検査終了ですね。


次はエコー検査です!


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


↑このページのトップヘ