え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

カテゴリ: 造影剤

昨日、腫瘍内科外来いってきました。


妹に乗せてもらい病院へ。


採血してから待ち時間があるので食堂でメシ食ってから診察へ。


採血はわりとすいてたんですぐ呼ばれました。
診察はそこから一時間半後くらいかな。


造影剤CTの結果は前回と変わりはないとうことでした。
直腸部もかわりなく。


いゃ、今回他に色々聞きたいことがあって、あのー、僕、歯が痛くてですね、歯科紹介してほしいとか(がんセンターの中にある)、障害年金の書類とか、でCTについてはあまり深く聞けなかった。


前回と変わりはないですーって感じで終わった。


まぁ、それ以上聞くこともないんか。


PCにコメントがかいてあったんだけどあんまりみなかったし、次行った時にもっかいみしてもらおうかな。
この造影剤CTのコメントって放射線科医が書いてくれてんのかな??
CTは放射線技師が撮ってくれてんだよな。
そう考えるとドラマもまた違った感じで見れますわ。
うまく撮ってくれてありがとうございますm(__)mって感じにもなるし、いゃ、これ増大ってホントに??って感じにもなるわ。ちょ、もっかいみてよってか直接話ししませんかって気持ちになるわ。


んでまぁ、とりあえず次週歯科予約いれてもらって、抗がん剤治療を開始しました。


歯科の治療によっては抗がん剤治療の延期もあるらしい、、、
とりあえず来週聞いってみてからですね。


障害年金の書類は直接みせて、こんな感じで書いて下さいーってゆってから受付に渡しましたわ。
その方が伝わりやすいかなぁと思ってメモも書いて渡してきましたわ。


そしたらな

「あー僕ね、これ書いたことないんですよ。」

って。


嘘だろ、先生、、、。
何年やってんだよ(←失礼m(__)m)


いゃ、とりあえず頼みましたよ、先生。



んで、抗がん剤治療開始しまして、パクリタキセルうちました。
看護師さんに前回、うってる最中に喉が痛くなって咳がとまらなくなることがあって、、、
と伝えたら、それはアレルギーの可能性があるのでもしまたでたらすぐ教えてください!
ってことでしたが今回は無事終了しました。
相変わらずすごい眠いけど、、、。


んで、
受付で会計して。


さっきゆってた、診断書を提出したんですよ。

僕「あのー、今さっき◯◯先生にコレ書いて下さいってゆってきたので◯◯先生に渡してもらえるとわかりやすいと思います。」


受付「あ、わかりました、診断書ですね、◯◯先生ですね。」


僕「あの、障害年金の書類ってなかなかみなさんもってこないんすかね??」


受付「いゃ、つい先日も◯◯先生宛にありましたよ」


───────────なにぃぃぃぃ。


僕「えっ、◯◯先生、書いたことないってゆってましたよ。」


受付「えっ、それは震えますね」


──────────えぇぇぇぇ!


震えるてぇぇ、受付の女性の語彙力にやりよるなぁと思いながら。


受付「あーただ、◯◯先生の判子の横に別の先生の判子があったりもしますからそういうのもあるのかもしれません、ただ、◯◯先生、何年やってんだっていぅ、、、。」


うん、僕と同じ感想ですね。



ということで、
パクリタキセル6─① 開始となりました。





応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






はい、ということでね、やって参りました造影剤を使ったCTの検査ということでね………………。

いゃ、まったくわかんねぇぇ……。

CTはギリわかりますが、造影剤ってのがよくわからんすよね。


聞いたらですね、血液の中に造影剤というものを入れて、その造影剤がどう動いているかってのをCTで見ていく検査ということらしいんですねー、ガンの転移なんかも調べていくと、そういうことですね。


で、まず、着替えます。

んで、造影剤の拒否反応がないか少量打って確かめます。

「◯◯さん、大丈夫ですかー??」

「はい、大丈夫です。」

「では、造影剤入れていきますねー、副作用で体が熱くなりますからねー」



──────!!!!

あ、熱い!
全身を電気が流れるような感じで熱さを感じました。
例えるならば、体験したことないですけども、
名探偵コ◯ン君で、新一がAPTX4869(←合ってます??)を飲まされ、体が小さくなった時のあの
──「ドクンっ!」
というあの感じっぽい。

あ、でも、体がびくってなったりだとか、ドクンっが続くとか、そんな大袈裟な感じじゃないっす、只一瞬、熱さが全身を駆け巡るような感覚ですね、ハイ。

まぁ、大丈夫です、ハイ。


そして、ここからCT検査です、仰向けに寝て、息を吸ったり、吐いたり、止めたり、指示を貰いながら撮っていきます。



念のため体が縮んでいないか確認しまして、検査終了ですね。


次はエコー検査です!


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


↑このページのトップヘ