え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

カテゴリ: スキルス

僕はNPO法人 希望の会 - スキルス胃がん患者・家族会に入っています。


当初、スキルス胃がんの情報が少なく、どうやったら正しい情報が手にはいるのかと模索していました。
そして、たどり着いたのがこの「希望の会」でした。
スキルス胃がんだけのNPO法人であり、患者さんやそのご家族達が現在の状況や、これからの治療の仕方をそれぞれに書き込みしていて、情報の共有や新しい知識を得ることができ、とてもありがたく感じています。
ちなみにスキルス胃がん関係者しか入れません。


そんな希望の会に問い合わせが殺到しているみたいです。
ニュースで知りました。


記事を引用します。


「どこに行ったらオプジーボを投与してもらえるのか」
「どうして最初にオプジーボを使ってもらえないのか」などです。


がん治療のパラダイシフト。
本庶先生の研究が、がん治療の未来を大きく進めたことは間違いありません。


しかし、オプジーボは、誰にでも効くわけではなく、承認されているがん種においても、奏功する人は1、2割。
さらに、投与に付随して、今までの抗がん剤とは比べ物にならない有害事象が一部の人におこっています。


夢の抗がん剤ではなく、未来の希望の扉に手がかかった段階であり、地域のクリニックがてに終える薬剤ではありません。


友人の死をきっかけに、がんを治したいという思いで、研究をしつづけた本庶先生の思いを、本当に未来に繋げていくために、この「免疫チェックポイント阻害剤」のこと、現状を正確に伝えていく必要を感じています。


「卵巣がんは適応がないのに、上司に『ノーベル賞のお薬、ダメ元でやってみたら?』と勧められたそうです。彼女は標準治療の薬を使っているところです。薬を変更して適切な治療の機会を逃したら、重い副作用が出たらどう責任をとるのでしょう。患者さんは涙声で、私も胸が痛くなりました。安易に勧められる薬ではありません」


画期的な薬だが、万能薬ではない


「副作用もあり、夢の薬と持ち上げすぎてはいけない」


と、いうものでした。
情報は大事です。
ですがそれに惑わされないことも大事です。
たくさんの情報の中からしっかり現実をみて、正しい情報を正しく理解することが重要なんだと今回改めて感じました。
追い込まれるほど難しいことなんですけどね。





応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


こんばんは。


抗がん剤治療4日目ですわ。
TS-1を飲んでます。


いやぁ、しんどくなってきたわコレ。
飲み始めてから3~4日目がしんどく感じますね。
吐き気感というか胸やけ感がありますわ。
気のせいかもわからんけど骨髄抑制を感じますわ、力がやっぱ入んない。
でも今のところまずまず食えてはいますかね。
前は5日目にシスプラチンうっていてステロイド剤とかもあったからわりと5日目、6日目は元気があった気がするなぁ。


ただ、まぁ確実にいえることはシスプラチン程の吐き気感やダルさ感は無いっすね。
体力や気力を搾り取られるくらいの感じではないわ。


まだ食べれてるし、頑張っていこう。




応援よろしくお願いしますm(__)m
良かったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★




にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






映画コードブルー、今やってますよね。
僕はドラマをあんまり観てなかったんですけど、嫁さんが映画みたいってことでね。
どんなんなんかなぁとちょっと調べたら、

スキルス胃癌

登場しますやん。

えぇー、まじか、そしてちょっとネガティブよりな話しみたいな感じなのかな。
そこら辺は観てないからわかんないんすけどね、ちょっと観に行ってみようかなと思いました。


そして、とあるブログで知ったんですけど、、、。
ドラマの
義母と娘のブルース

スキルス胃癌

登場しますやん。

いやいやいゃ、余命宣告されてるやん、これもちょっとネガティブなんかな。
ちょっとこちらも観たことはないんですけども調べただけなんすけどもね。


スキルス胃癌、注目されつつあるということなのかなぁ、知ってもらえることは良いことだと思う。
けど、あんまりネガティブばっかりなのはなぁ、、、。
確かにネガティブなことの方が多い癌ではあるんだろうけどさ。
なんかね、、、。
とにかく、竹野内さん、頑張って下さいよ!!
僕も頑張りますから!




応援よろしくお願いしますm(__)m
良かったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ




スキルス胃ガンの場合、その悪性度の高さから術後の5年生存率は15%~20%といわれています。


手術して15%~20%て、、、
どないやねん。


僕はそこを目指しているわけですが、術後1年内の再発率が極めて高いみたいです。


逆に5年経たないと根治や寛解とはいえないってことなのかな。


不安や怖さはもちろんあります。
反面、不安や怖さでなにもしない、できない時間がもったいないと思うこともあります。


ただ、抗がん剤治療中の副作用中はそういうの関係なくなんもできないんすけどね。


そんなこんなを考えるきっかけがありまして、
今日ですね、ひょんなことからスキルス胃ガン術後10年経った方とお話しすることができたのです。


同年代くらいで同じ病気の方とお話しをしたかったので、実現できて良かったし、とても共感できる部分もあって話せて本当に良かった。


ありがとうございましたm(__)m


またお話しができたらと思っています。






応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング



おはようございますm(__)m


昨日ですね、今年に入ってから3回目、人生で4回目の胃カメラをしましたよ。


ちょっと前回はキツかったんで今回は安定剤を使うことにしました。


最初にのどの麻酔をするんですけどね。
霧吹きみたいなやつでのどに5回くらいシュッシュッとします。
それをのどにためておくんですけど、吹きかけてから2秒くらいで吐き出します。


いゃ、ちょっとはやくないすか?!
もうちょっとためておいた方がよくないすか?!
って思ってたら看護師さんが、

「では、こちらです。」

今回は展開が早い気が……


ベットに横向きになり、安定剤を打ってもらいましていざ検査に。




やはり、気づいたら終わってました。
完全に記憶がないわけじゃないですが、最初、若干キツかった感じの記憶はありますね。
前回よりも胃カメラ検査じたいの時間が短かったのかもです。
いずれにしても、前回ほどのキツさは無かったです。




うん、やっぱり安定剤の力、TUEeeeee!!




ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


↑このページのトップヘ