前回の電話から一日後、僕はガンセンターに行きました。

受付を済ませ、呼ばれるのを待ちます。


「◯◯さん、こちらへどうぞ。」


部屋に入ると、医師の方が僕の検査画像を広げながら待ち構えていました。

「よろしくお願いいたします」

「はい、どうぞ、お座り下さい」

そこから医師の先生のお話しがあり、


まず、胃癌が見つかったということ、そして、手術等の処置が必要なこと、更に精密な検査が必要なことが告げられました。


いゃいゃいゃいゃ、全然ついていけねぇぇ。
先生……、いゃ、先生は物凄い優しい感じの方で、言い方も柔らかい感じではありますよ。
でも、でも、中身が重すぎで、ヘビーっす…………。

癌の可能性はもちろん、少なからずあるとは思ってましたけど、いざ、告知されると、ずっしりと重いものが乗っかってくるような、そんな凄いショックを感じました。


結果、僕は

「先生、僕はどうしたら良いですか??あの、生きられるんですか??」

…………もう、よくわからん質問してました。

「んーとですね、なのでそういったコトも含めて更に精密な検査が必要になってくると思います。
なので、検査ができる大きなガンセンターの紹介状を書きますね」


といことで僕は更に精密な検査を受ける為、紹介状を握りしめ、他のガンセンターへと行くことになるのです。

いざゆかん、新たなガンセンター!!





ランキング参加しました。
1日1クリック頂けると嬉しいです。
励みになります!
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ