え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

カテゴリ: 胃癌

僕はいま絶食になって約4ヶ月が経つ。


体に必要なエネルギーは高カロリー輸液として点滴でいれている。
高カロリー輸液は静脈にいれるには高カロリーすぎるため、手術が必要になり、心臓近くの太い静脈にカテーテルを通し、僕の場合腕にポートを埋めている。
そのポートに針を刺し基本的には24時間いれている。
針を刺す以外は自宅で管理ができる。
輸液をいれる袋はカバン状になっていて、リュックに変形もできる。
つまり外出も可能なわけだ。


だけど、実際のところ外出したことはほとんどない、する気にならないのだ。
リュック状か、ナナメ掛けのカバンのようにもなるんだけど。。。
やっぱり管が見える。。。
そして微妙に重い。。。
体力的にもちょっと。。。
だけど、近くのスーパーや電気屋には軽く嫁さんといったかな。


そして今、僕は抗がん剤の副作用で髪の毛が一気に抜け、ちょっとだけところどころ生えてきてるような感じになった。
まゆげもほとんど抜けちまった。。
まゆげってなくなるとホントこわいんすねw


正直精神的にやられるよな。


弱音はいちまいますよそりゃ。


とりあえずGEOと実家には行こ。



応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ





休薬してから3週間がたつ。


病院からの電話はまだない。
どうだろうか、休薬4週後くらいになるのだろうか。


人口肛門増設術。


とりあえず病院からの電話を待っている。


前回、消化器外科の受診後、腫瘍内科に行き、とりあえず抗がん剤投与もできないので、余裕をもって3週間分の処方箋をもらった。


─────────────────ちょっとまてよ、ってことは高カロリー輸液も3週間分じゃねぇか??
いゃ、コレ、ちょっとなかなかの量だろ。。。
輸液は1日1個(1500ml)使う。
それが3週間分となると21個。
いやいゃ、イケるけどさ、結構な量だぜコレ。



DSC_0041



コレが4パッキンと1つだな。
持って帰るのは。




───────────うん、よし、とりあえず2週間分にして(2パッキンと4個)足りなかったらまた取りに来ますわってことにしよう。
ちょ、4パッキンはキツいわ。(一応、病院には大きなカートは置いてあります)

処方箋は3週間分、輸液は2週間分、を持って帰りました。



そして、訪問看護師さんに電話して事情を話し、病院に行かない間の高カロリー輸液の管理(針の交換等)をお願いした。



昨日は、叔母がきてくれた(*´∀`)
色々とお世話になっていて心強い。
やっぱり話し相手がいた方がありがたい、それだけでも元気になれたりするもんだ。
まぁまた暇だったら遊びにきて下さいよm(__)m( ̄ー ̄ゞ-☆








応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








昨日、病院に行って来ました。
前回の流れから


消化器外科へGo。


いましたH先生、僕の胃全摘手術の主治医で胃をとってくれた先生。


「お久しぶりです、H先生、お元気ですか??」


「ははは、いやいゃ、◯◯さんこそどうなの??」


「いゃ、まぁ、ぼちぼちなんですけど便がやっぱり細いんですよね。」



みたいな感じのやり取りをしつつ、人口肛門増設の話しをして、
「◯◯さん的にも手術に前向きだと聞いてたので。。。」
と、先生。


僕的には確かに不安があるかないかっていわれたらやっぱりあります。
抗がん剤やって、カメラやって、んで食べられないんだったら人口肛門増設だよなって、なんとなく考えられていたんでこういう流れになりました。


とにかく僕の場合、お腹を開けてみないとつくれるかわからないので播腫がひどくなければ腸の圧迫が他になければつくれるし、逆にひどかったらつくれません。
つくるとしたらできるだけ直腸に近い所でつくりたいと思ってます。
とのこと。
直腸に近いほど栄養が体に残るということらしい。
んー、なるほど!


「あと、手術日が決まり次第電話しますのでそれまでお待ち下さい、できるだけ今月にできるようにしたいと思ってます。」


外科的なスケジュールがかなりきつきつらしく、臨時で手術をしてくれるそうです。



抗がん剤が休薬になって今約2週間。
それを考えると抗がん剤をやすんでから3週間、4週間後が手術をするのが普通ってことを考えるとやはり月末あたりになりそうな感じ。


全身麻酔2回目、人口肛門増設術、うまくいくことを祈ります。


とりあえず入院日決まるまでは診察とかも入ってないので完全に待ちの状態ですね。
処方箋とか高カロリー輸液とか2週間分、3週間分もらってきたんでまぁまぁな量ですわコレ。


手術に向けて体調を整えていきたいと思います。


あ、アレだな、訪問看護師さんにも電話しなきゃアカンやつですわ。
電話しよ。






応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








一昨日は病院の日でした。


人口肛門増設の手術の為、手術ができるかどうかの検査をしました。


腫瘍内科診察(今日の検査説明)

腹部レントゲン (毎度おなじみすぐおわる)

腹部エコー(地味にあてる機械が痛いときある)

採血、採尿(久々の採尿やな)

心電図(これもすぐ終わる)

肺活量検査(思い切りすって、思い切りはく)

腫瘍内科(ざっと検査結果の説明)


まぁ、こんな流れ。


肺活量検査なんですけどね、筒状になっている機械渡されてそれにむかって息をはいたり、すったりするんですよ。
検査技師の先生の指示に従って、はいたり、すったりするんです。
コレがけっこう激しいんですわ。


「じゃ、いきますよー、ハイ、吐いて吐いて吐いてーー、行けるとこまで吐いてー!」

僕は機械にむかって息を吐いてます。
答えることはできません。

「そしたら今度は吸ってー!行けるとこまで吸って吸って吸ってー!」

僕は機械にむかって息を吸います。
答えることはできません。

「んじゃ一度はずしましょう」

僕は機械を外します。
え、ちょ、コレ、しんどいわ。
いけるのかオレ。

「次は思い切り吸い込んで、できるだけ長く吐きましょう」

僕は再び筒状の機械を口にセット。

「ハイ!思い切り吸って!吸って吸ってー!。」

僕は思い切り吸います。

「ハイ!できるだけ長く吐いてーー!」

僕はできるだけ長く吐く。


実はこの検査、1回目の開腹手術前に受けたコトがあってそんときは楽にできてました。
それでも手術後って息をすったりはいたりする力がなくなっていてしんどい思いをしました。

今回、検査の時点で前回よりも肺活量の低下感を感じましたね。
それでもまぁクリアということだったんでよかったんすけどね。


んで腫瘍内科に戻って、
「検査結果はざっとみて大丈夫だろう」
とのことで来週、消化器外科にてお話しを聞く流れになりました。


多分そこで手術の話、リスクの話、入院日、手術日のお話しがあるのかなぁと思います。


とりあえず抗がん剤はおやすみです。







応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








こんにちはm(__)m


今日ニュース観てたんですけど、平成はあと56日らしいです。
平成の30年間、
じっくり振り返ると、あぁ、いろんなコトがあったなぁって思います。


平成の次はなんになるんすかねー。


んで、あのー、昨日ですね、ポートの針が抜けたんすよね。
袖まくって確認しようとしたらそのまま針ぬけちゃったんですよΣ( ̄□ ̄;)
えぇぇぇぇ?!
そんなことあります??
ビックリしちゃってね。
すぐ訪問看護師さんに電話して対応してもらいました。
いゃー、焦りました焦りました。


高カロリー輸液点滴の為にポートを増設したわけなんですが、針ってね、1週間くらい刺しっぱなしなんですよ。
1週間ごとに交換してるんですよね。
病院行った時に交換、訪問看護師さんが来てくれたときに交換、と、自分ではできないやつなんです。
それが抜けちゃったもんだから焦りましたね。


訪問看護師さんに電話してすぐきてくれたんで大丈夫でした。
針が抜けてから適切な処理をしないとポートの中で血が固まってしまって最悪の場合はポート抜去しなきゃならんらしい。。。


針を刺しなおして点滴が流れるか確認してもらってちゃんと流れてました。
助かりました。
訪問看護師さん、ありがとうございますm(__)m


自宅で管理するってコトはこーゆうこともあるわけなんですよね。
簡単には抜けないようになっていますが気を付けて袖とかまくるようにしていきたいと思います。





応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







↑このページのトップヘ