え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

カテゴリ: 胃癌

新年あけましておめでとうございますm(__)m
今年もよろしくお願い致します。


さて、最近、このごろの体調ですが1日3食、食べれるようになってきました。
量は常人の3分の1くらいかなと思います。
もう少し分食を増やしていけたらいいかなと思っています。


食べた後、気持ち悪くなったり、吐き気、貧血、眠気、動悸など、コレがダンピングかと認識できる体験をしました。
今のところ、食後1時間以内にダンピングが起こることが多いので、コレは前期ダンピングなのか、後期ダンピングなのかよくわかりません。
多分前期なんすかね??

あと、カロリーメイトなんかも活用できるようになってきましたm(__)m


この調子で体調整えていきたいと思います!






応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています
あけましておめでとうございます!



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング



こんにちはm(__)m


今日から入院です。
術後の抗がん剤、シスプラチン点滴投与の為ですね。


とりあえず今日は心電図とレントゲン撮って終わり、明日から点滴開始です。


TS-1は飲み始めて6日目となります。
朝、夕に、2錠ずつ飲んでいて
25mg×2を2回なので1日トータル100mg。


術前の抗がん剤は確か20mg×3を朝、夕
なのでトータル120mg。


今現在の状況はというと、
吐き気、食欲不振、が既にあり、もとからゴハンあんまりたべれてませんが更に食べれなくなってきた感じ。


コレ、大丈夫なんか??
このままシスプラチンいって大丈夫なんか??



先生きたら相談してみよう。




応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします★
とても励みになっています!


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング




おはようございますm(__)m


先日、術後1ヶ月後のPET-CTいってきたわけなんですけどもね、結果を聞くのと抗がん剤開始日が決まりました。


PET-CTに関しての検査結果としては、
再発、転移は認められません。
との一文がパソコン上に書かれていました。
きちんと、ある種の検査をして結果が出たことに関しては良かったです。
ただ、4~5㎜以下のガン細胞は写りこまないことや、スキルス胃ガンの脅威を考えると抗がん剤は必ずやった方が良いですってことで、やはり1年内の再発率は高いですからね、
今日から抗がん剤が開始となりました。


TS-1の錠剤、前回よりも減量した状態からのスタート。
胃がないからか、術後だからなのかはわかりません、今度聞いてみよう。


んで来週入院してシスプラチンの点滴という流れです。


このままいくと年末年始は休薬期間になんのかな、クリスマス辺りは副作用がきてそうな気がするけども。。。


クラッカーぶっぱなす勢いで乗り越えたいとは思っています。






応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします★
とても励みになっています!


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング




こんばんはm(__)m


術後のPET-CTいってまいりました。


PET-CTと造影剤CTって別なんですね、僕、同じだと思ってましたわ。


ちょっとよくわからんので引用します。


PET-CTとはPET検査とCT検査を同時に行い、両者の二つの画像を重ね合わせて(フュージョンといいます)画像を作る検査です。
PET検査とはFDGという、ある種の放射線(陽電子、ポジトロン)を放出する物質を血管から注入して、体の中でFDGがどの様に分布したかを写真に取る方法です。

造影CTはヨード造影剤という、レントゲンに写りやすい薬を血管から注入し、コントラストをより明瞭にしてCTを撮影する検査です。
また、ヨード造影剤の経時的な変化をみることで血流や血管の情報なども得ることができます。

PET-CTは機能画像、造影CTは形態画像と言われます。
PETはFDGが分布している部分が光って見えるのに対し、CTは形や大きさから病変かどうか判断する検査です。


いやいゃいゃいゃ、全然わからねぇぇえ。


とりあえず、
陽電子砲(ポジトロンライフル)ってある種の放射線なんだなぁ。
ということがわかりました。


今までの体が熱くなるやつは造影剤CTだったんですね。


んで今回のがPET-CTなんですけども、
放射線だからか地下2階での検査でした。


まず、検査着に着替えます。
そして、待機用の個室を案内されます。
呼ばれると血糖値を図ります、
コレは耳から血を取りますねーとかいわれて


ぇ、いゃいゃぃゃ、耳からて絶対アカン。


って、思うじゃないすか、
そしたら耳たぶを挟む機械でパチンってやって、
ハイ、終わりですーって。


一瞬で終わりました、
ピアスあけるやつあるじゃないすか、あんな感じだと思いますわ。


そしたら今度はFDG(陽電子、ポジトロンを放出する物質)を注射していきます。


アレ、コレ、今、僕自身が陽電子砲になっちゃった状態なんじゃないかと、今ならラミエ○倒せるんじゃないかと思っていたら、


ハイ、では個室に戻って下さい、1時間後に撮影しますんでってことで個室へ。
からだ全体にFDGをいきわたらせるため時間を起くみたいです。
この際、携帯をいじるのも、本を読むのも禁止です。
動くと動いたところにFDGが集まってしまうらしく、ただただ何もしない1時間を過ごします。


その後20分くらいかけてCT撮影、終わったらまた30分くらい個室で休憩して終了です。
少量ですが被爆しているので時間がたつまではおしっこ2回流したり、人混みはさけたりしてくださいと。
あくまでも念のためということなんで敏感になる必要はないということです。
子供がよってきたら普通に接してあげて大丈夫です。
とのことですがなんかね、一応ねんのため、その日はあんまり子供に関わらないようにしましたね。


後日、結果を聞きに行って、その日から抗がん剤に開始なるのでしょう。


TS-1飲めるのかな、まずそこからですわな。





応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします★
とても励みになっています!


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング




こんにちはm(__)m


手術後から大体1ヶ月が経ちましたので、今のところの体調やら食事やらなんやらを書いていきたいと思います。


術後1ヶ月後の食事ですが、
1日4食~5食といった感じですね。
一度にたくさんはたべれないのでお粥3分の1とオカズちょっとと味噌汁ちょっとみたいな感じ。
朝、昼、夕、+、間にオヤツ食べてます。
ウエハースとか牛乳とか。


水分は十分にとらなきゃアカンということで、なんとかポカリスエットを1日で1リットルは飲むようにしてます、いゃ、飲めるようになってきました。
500がやっとたんだったんですけどね、少しずつ飲めるようになってます。


何事も慣れは大事ですなー。
なんとか飲めるようになった時のポカリスエットが凄く美味しくて、衝撃でしたわ。


体調はどうですかねー、凄いワルイってわけじゃないんでアレなんですけどやっぱりゴハンがうまく食べれない分、体重が落ちていっちゃってますよねー。


運動というか、動くってことをあんまりしてないです、しなきゃいけないと思うんですけどね、傷の影響で背筋が張れないんですよね、
だから常に猫背。


歩くときは前のめりになって歩いています。
あとは頻尿感、残尿感、
尿管ステントの影響だと思うんですけどね、行動するのがちょっとしんどいって時がありますね。


だいたいこんな感じですかね、


そして、
一昨日、栄養指導と消化器外科へ、外来でいってきました。
食べたいものを食べれるときに食べた方が良いみたいです、
もちろん、
食べたらアカンもの(消化に悪いもの)もあるから気をつけてねー的な、徐々に量を増やしていきましょー的な話しでした。


更に腫瘍内科へ
セカンドオピニオン時に伝えられたお話しと渡されていた書類を先生に渡しました。
そして、やはり抗がん剤治療、TS-1+シスプラチンでの治療が決まりました。


明日、PET-CTの検査をして、
その後
次の外来から抗がん剤治療が始まる予定ですね。


そろそろNARUTO再開しようかな。



応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします★
とても励みになっています!


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング





↑このページのトップヘ