え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

カテゴリ: がん患者カフェ

先日参加した、若年性がん患者カフェが河北新報社さんの記事に載りました。


今朝ね、河北新報社さんの記者さんから、


「◯◯さん、すいません、先日の若年性がん患者カフェの記事なんですが、突然で申し訳ないのですが今日の新聞に載ります!」


と、お電話を頂きました。


今日なんですかぁぃぃぃぃ!
ありがとうございます、お電話。
と、思いまして、コンビニに行きましてね、買って読みましたよ。
とてもよい記事でした。


いやぁ、AYA世代が少しでも広まればいいなぁと思います。


この記事とは別に、僕自身のコトを取材して頂いたのですが、それは近々載るらしいので、その時はまたご連絡頂けるということになっています。


色々とお話しをして、河川敷を一緒に散歩したんですけど、そのときの景色、風景、がとても心地よかったのを覚えています。
記者さんともお話しが盛り上がってとても親近感がわきました。
さすが記者さんですわぁ。


こんど普通に遊びに来て下さいってゆったら、ハイ、いきますってゆってたけどきてくれるんかなぁ。


まぁ、まってますわ、また河川敷散歩しましょー。








応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ





前回にもお話しさせて頂いたとおり、AYA世代がん患者カフェが開かれまして、参加することができました。


書きたいコトがたくさんあって、分割させて頂きました。
今回は②ということで書いていきたいと思います。


前回は想いの部分や、会自体のコト、運営頂いた皆様への想いなどを書かせて頂きました。


あのー、コレね、ウチのオカンの件なんですけどね。


あの、受付でニックネームを書くシールを渡されたんですよー。
やっぱりこう呼びやすいように覚えやすいようにという配慮で自分のニックネームをシールに書いてそれをお腹に貼るわけですよ。


みんなね、名前の一部を書いてるわけですね、例えば、
シュンとか、
エリとか、
ヨウチャンとか、
なっちゃんとか、
まぁ、そんな感じな訳です。


で、まぁ、こう、見渡していたらね。
ウチのオカンがもうすでにテーブルの席についていたんですよね。
で、名前のシールみたら
__________________________________________________ えっ。




「ひまわり」



ってかいてあったんよね。


いゃ、ありだけど、、、。
でもみんな名前なんだけど、、、。
ひとりだけ植物なんだけど、、、。


オレはひまわりさんって呼ばないといけないのかな、、、。
オレはひまわりの息子ってことになるのかな、、、。



ひまわりさん、自己紹介でオレの母親なんですが______みたいな感じでいってたしな。



まぁ、そんなことがあったんですよ。
そんなオカンも、、、いゃ、ひまわりさんも、いろんな方とお話しができたみたいで良かったと思います。



1565099984771







患者カフェを応援してくれていた皆さん、本当にありがとうございます!
コメントでも応援して頂いてね、とても励みになりましたm(__)m
これからもよろしくお願いします(´▽`*)



この休薬期間中はいろんなことができたので、順に書いていきたいなと思っています。



そして、今日は河北新報社さんがありがたいことに、わざわざ、取材をしにきてくれます。
ありがとうございますm(__)m


き、緊張するわぁぁぁ(*´∀`)






応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ









↑このページのトップヘ