こんばんはm(__)m


腫瘍内科いってきました。


血液検査と尿検査を済ませて待合室にて待ちます。
しかしいつも混んでるんですよねー。


そしたら顔見知りの看護師さんがいらっしゃってお話しをしましょうという流れに。


患者さんの精神的なケアだったり色々なケアをしてくれる的な役割を担っている看護師さんなのかな。(ちょっとよくわからんす、知識不足ですんません。)


今現時点での不安なことだったり、この薬って使えないんすかね的な疑問だったり。
色々お話しをしまして、
今後の為にも心理士さんを紹介して頂くことになりました。


いざ、心理士さんとお話しをしてみたわけなんですが、良かったなぁと思いました。


患者さんの心のケアをしてくれるわけなんですけどね。
今の体調だったり、薬のことだったり、気になること、不安なこと、なんでも話して下さい的な感じです。
僕も色々とお話しをさせて頂きました。
僕だけじゃなく、家族単体でもお話しができるそうので今度は嫁さんに勧めてみよーかなと。


精神的パニックになってからお話しにくる方も多いようです、病気が病気だけにやっぱりそういうこともありますよね。
話すことで落ち着くんでしょうね。


比較的、落ち着いてる気持ちの時でも心理士さんとお話しをすることは大事なことだと思いました。


何かあったらいつでも呼んで下さいとゆって頂きました。


心理士さんは病院内に常駐している場合や、たまにだったら出現する病院もあるそうなのでよかったらお話しされてみるのも良いと思います。




こうやって医療チームが作られていくんすね。





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ