え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

カテゴリ: 抗がん剤

おはようございます☆
皆様、前回への記事にてコメントをいただきまして本当にありがとうございますm(__)m
今後の治療の参考にさせていただきたいと思っています。
念のため非公開にさせていただいていますのでご了承の程、よろしくお願いします。
本当にありがとうございました( ̄ー ̄ゞ-☆
ぜひ、これからもよろしくお願いいたします。



さて、昨日ですが抗がん剤パクリタキセル投与日でした。
血液検査の結果は問題なく、肝臓の数値もしっかり正常値に戻っている為、投与することができました。
またまた、ポララミン(可愛いネーミングのやつですわ)眠くなるぅ。
家に帰ってきてから眠気がピークでウトウト寝てました。
ウトウトしてたら子供達が上に乗っかって遊びまくってたんですけどね笑
うっすら記憶がありましたが、子供達の笑い声に目覚めかけ、眠りかけ、そんなんを繰り返した次第でございます笑


あ、そういえばルパンレンジャー、パトレンジャー最終回でしたね。
嫁の話では「感動したっ」ってゆってましたわ。
僕も観よう。


今の体調は、最近、お腹が痛い日とそうでもない日とがあって調子の良い日、悪い日があります。
トラマールを飲んでいて痛みが引くことがほとんどなんでまぁ大丈夫すかね。


体力は低下していて出掛けるところまでいけてません。
高カロリー輸液も24時間でやってまして、持ち運びはできるんですけどちょっとこないだトラブルがあって、訪問看護士さんを呼んだり、少し前の話ですが実家で輸液が空気で詰まってしまって、解除する機械が家にあるんで急遽帰ったりと。。。
少しずつ経験を積んでいますわ。
ってゆっても中々実際やってる方じゃないと詳しくわからんすよね。
イメージつきづらいっすよね。
とりあえず、僕のごはんは高カロリー輸液でちょっと管理が必要なんですわぁってことですよね。
慣れはありますがな。


次回投与予定日は22日の予定です。



治療について、腹腔内ポートに関しての情報は引き続き頂ければと思っていますので宜しくお願い致しますm(__)m






応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







最近、体力的な衰えを感じています、無気力な感じです。
体重は46キロまで低下、ちょっとやべぇなコレ。


今日は腫瘍内科へといってきました。
抗がん剤治療にあたり肺炎になってしまっていた&肝臓の数値が悪かった為治療延期となっていましたが、今回は治療することができました。


実はですね、この肺炎、先生からは
薬剤性の肺炎の可能性がある
といわれていまして急遽病院から呼ばれてCTを撮ったりしていたのです。


突然のガンセンターからの電話はビビりますよ(焦)


結果は今日聞いたわけなんですが、それまでは、あ、やべぇなコレ。。。
と思っていたわけなんですよね。


熱はだいぶ落ち着いてきたんですが、咳や痰、鼻水はまだでていましたから。


薬剤性の肺炎だったらつまりもう、パクリタキセルは使えないということになり、結果を聞くまで、なんともいえない不安がありました。
まぁ、僕の体力がどれくらいもつかという不安もあるんですけど。。。


とりあえずCTの結果、薬剤性の肺炎は否定され、肝臓の数値も正常に戻りましたんで抗がん剤が使えることになりました。


今日から3クール目が開始です。


少しほっとしたのが正直なところですね。
反面、いつまで使うことができるんだろうか、とも思いました。


できるだけ頑張っていきたいなとは思っています。


ポララミンがやっぱり眠くなりますわ。
帰ってきてからも眠気はとれません、今もなんだか眠いです。





応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







今日は腫瘍内科へ妹と一緒にいってきましたm(__)m


月曜日の診察時、肺炎になってしまった為に来週まで様子をみましょうということになっていました。
今週はちょっと治療はできないのではないかなぁと思ってはいました。


一通りの検査をしまして、血液検査、レントゲン撮影の結果、肺炎はすっかり治ってはいるようでしたが、肝臓の数値が悪くなっていました。


抗生剤を飲むことで一時的に肝臓の値があがってしまっているのかもしれません。
と言われまして抗生剤の服用は中止し、来週の検査をみて判断しましょうということになりました。


ですので、今回、抗がん剤パクリタキセルは延期となりました。


休薬期間が伸び、治療ができないことに対しての不安は残りますね。。。




ですがやはりポジティブに捉えて、長く治療を行っていくためにもここはゆっくり休んで免疫を高めて行こうと思います( ̄ー ̄ゞ-☆



あ、今日アレですよね。
アジアカップ決勝ですよ、少し夜遅めの開始ですけどコレは観ますわぁ。
優勝してくれぇぇぇ。



応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ




今日はパクリタキセル2クール目の3回目でした。
またまた妹にきてもらって病院へ。
先週もそうだったけどわりとすいている感じ、金曜日はすいてんのかな。
いつも採血するのに結構時間かかるんですけど、わりとすぐ呼ばれました。


んで、そこから腫瘍内科で診察を受けて、血液検査が問題ないっちゅうことで、抗がん剤パクリタキセル、もといタキセルが投与となりました。


最初に制吐剤なのかな??
ポラロミン??
ポロロミン??
ポララミン??
というかわいい感じの名前がついてるやつを点滴します。
そう、これこそが眠気の原因となっているクスリらしいんですよね。
かわいい名前して眠らせてくるわけですよ。
やるな、なんとかミン。
うん、次回はちゃんと名前聞いてくるから、覚えてくるからね、ゴメンな、次もいい仕事してください。


今のところの目立った副作用は
脱毛、コレはむちゃむちゃ抜けますね、はげちらかっとるやないかぁぃくらいです。
いゃ、誰がはげやねん。
あとは軽いダルさはあります。
そのくらいでおさまってはいますね。
あとはどのくらい効いてるかってところかなぁ、奏効率でいうと2割~3割、という説明は受けています。
副作用があるから効いているとか、副作用がないから効いていないってわけではないみたいなので効いていることを願いたいですね。
もちろん、現実をしっかり受け止めることも大事だと僕は思っていますけどね。


で、来週は休薬になって28日にCTを撮る流れになっています。


インフルエンザ流行ってますから体調には気を付けていきたいと思います。
皆さんも体調にはお気をつけ下さいm(__)m






応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







皆さま、あたたかいコメントありがとうございますm(__)m
今年もよろしくお願いしますね( ̄ー ̄ゞ-☆
一緒に頑張っていきましょうぜよ。





1月4日(金)、昨日ですね、新年最初の抗がん剤投与でした。


パクリタキセル2クール目、1回目ですね。


血液検査後、数値に問題もなくうつことができました。
なんか眠くなるクスリも入るので常にウトウトしてます。
点滴時間はなんやかんやで2時間半くらいですね。
病院から帰ってきてからもウトウトしてました。


今回、友人もきてくれましてね。
以前、ゆってたテレビ関係の話しできてくれました。


そもそも、僕が何を伝えたいかというと、
「スキルス胃がん」をもっと知ってほしいということと「AYA世代」に関することなんです。
AYA世代というのは15歳~39歳までにがんに罹患した人のコトをいいますね。


「スキルス胃がん」を知るということは検診の大切さを知ることにも繋がるんじゃないかと思っていて、僕が罹患したのは33歳の時でした。
30代の健康診断では胃カメラや大腸カメラ、バリウム検査などは強制ではなく任意の検査なんですよね。
僕もやっぱり積極的に検査を受ける意識なんてなかったですし、むしろ胃カメラや大腸カメラにビビってました、今もビビってますけどね。


そして、がんの種類のなかには痛みなどの症状がでてきた頃にはかなり進行してしまっているがんもあります。
ですから早期発見の為にも積極的な検診をするべきだと思うわけです。
結局、僕は町のバリウム検査でひっかかったわけなんですが、それまでバリウム検査は1度も受けたことはなかったです。


そして、何故、スキルス胃がんの悪性度が高いかというと普通のがんとは違って内側に発生し、中から進んでいくタイプのがんだからです。
ですから胃カメラをやっても発見しにくく、発見された頃には手術不可のステージ4となってしまうことが多いのです。
ですがやっぱり早期発見の為にも積極的な検診は必要だと思いますし、少し異変を感じても発見されにくいがん種があるんだということ、その場合にはより具体的な症状を伝えて、細胞検査を受けるコトが必要だと思います。


まぁ、こんなんいうてますけどね、実際、健康だと思っている人がここまで考えているかっていうと正直考えてないですよね、僕自身、考えてなかったというか、そんな発想なかったですし、まさか自分ががんになるなんて思ってもなかったです。


そういった方々がなにか考えるきっかけになればいいなぁと思っています。


んで「AYA世代」に関しては。。。ってコレやっぱり長くなっちゃうんでね、ちゃんと煮詰まって話しがまとまったら改めてにしますかね。


ま、でもどっかで書けたら書きたいっすね( ̄ー ̄ゞ-☆



長々と長文、駄文、失礼致しましたm(__)m










応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







↑このページのトップヘ