こんにちはm(__)m


前回の続きになります。


気がついたら
ここも知らない天井だったわけなんです。
術後なので、HCU(準集中治療室)にいたんですわ。
目を開けると先生がうっすらと見えました。


「わかりますかぁー??。終わりましたよー。」



先生から声を掛けられ、最初は朦朧としていたんですが、


「取ったんですか??」


自然とでた第一声がコレでした。


「取りましたよ。目は覚めましたか??」


「取れたんですね。はい、目覚めてきた感じはあります。」


そこから酸素マスク??みたいなのを外され(外された時に付けてたんだってことに気づきましたわ。)なんか色々看護士さん達がせわしなく動いてくれていました。


そしたら、急に寒気がきてですね、全身震えだしまして、
コレまた大丈夫かオレ的な感じになったんすけど、
看護士さんが、


「大丈夫ですよー、電気毛布いれますねー。」


って、サクッというので、大丈夫なんだなオレ、と思ったんです。


しばらく震えがとまらなかったんですが、次第に落ち着いてきて一安心だったんすけど、今度逆に熱くなってきて汗かいてきたんですよ、
コレまたわけかんないなオレ的な感じになったんすけど、
看護士さんが、


「大丈夫ですよー、アイスノンもってきますねー。」


って、サラッというので、わけわかんなくないんだなオレ、と思ったんです。


それからはしばらくしてやっと落ち着きました。


切ったところの痛みはありましたが、のたうちまわるとかそんなんじゃなく、
いってーって感じです。(わかりづらくてすいませんm(__)m)



手術時間は朝の9時から入って13時くらいまでだったそうです。
なので、3~4時間くらいでした。


もし仮に、試験開腹の場合、手術を断念した場合は1~2時間で終わるそうなので、
僕の嫁とオカンは手術開始から1~2時間の間はきがきじゃなかったと、ずっと落ち着かなかったと言っていました。


そりゃそうですよね。
心配をお掛けして申し訳ないですm(__)m


とりあえずはそんな感じでHCUで次の日の昼まで過ごしました。






応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします★
とても励みになっています!

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング




人気ブログランキング
スポンサードリンク