おはようございますm(__)m


ということで、10月23日、手術当日を迎えたわけなんです。


朝、起きてですね、熱をはかったら37度だったんですよ。


予定では9時に手術室に向かう予定だったんですけど、8時半に先生きまして、


「37度ですか、んー、延期したとしてもステントの影響であれば熱はまた出ちゃうかもしれないからね、37度であれば、手術、しましょう。」


っておっしゃいまして、


僕としてはある程度気持ち作ってたんでね、


「はい、わかりました。」


と、いうことで手術用の服に着替えまして手術室に向かったわけなんです。


手術室に入るわけなんですけどね、入る手前で嫁とオカンに見送られながら入ったんですよ。
なんか、戦の前の武士的なね、気持ちになったんですよ。
いゃ、戦もやったことないし、武士でもないんですけどね、そんな感覚だったんですわ。


んで手術室に入ったんですけど、手術室専任の看護士さんなのかな??
5、6人いらっしゃいまして、案内されながら手術台に寝たんですよ。


人生で初めて手術台に登ったわけなんすけど、これから手術するんだなという実感がリアルに湧いてきましたね。


手術台に寝てから硬膜外麻酔という麻酔をしました、背中になんか針なのか管なのか入れますね。
これは術後もしばらく入っているみたいです。
ここまでは記憶がありますね。


そこから全身麻酔、点滴で麻酔を効かせていくみたいなんですけど硬膜外麻酔の後、仰向けになってからの記憶が全くないです。


気がついたら手術が終わっていました、僕の戦は終わっていたのです。





応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします★
とても励みになっています!

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


人気ブログランキング




人気ブログランキング
スポンサードリンク