おはようございますm(__)m


手術について外科医の先生とお話しをしてきましたので今回はそのお話しを書きたいと思います。


胃カメラ、PET-CT、エコー、検査を経て、前々回書いた抗がん剤の効果についてお話しをして、尿管の腫瘍とダグラス窩の腫瘍?、腹膜播種はお腹をあけてみないとわからないと言われました。


ただ、やはり腹膜播種の疑いは強いので開けてみて、実際、腹膜播種があれば手術はせずに閉じると。
リスクはおかさないので開けてみて閉じる可能性の方が強いと。
2クール終わった後で開けてみるのは1つの手ですよと。
お話しを頂きました。



手術、となると抗がん剤治療が終わってから3~4週間後になるそうです。
抗がん剤治療後はやはり体力が低下している為、体力の回復、手術に向けたトレーニングなんかもあり、そのくらいかかるとのことです。


もう少し早くなりませんか??と質問をしたら、
体力が低下している状態で手術をするリスクの方が高いと、もし、摘出するとなると大きな手術になるので万全な状態で望みたい。
1週間早めにすることも可能ですが、尿管ステントの交換と被るので、尿管ステント交換後、入院、手術、の流れが良いかと思います。
尿管ステント交換後、熱が出たりすることもあるので交換後の翌週から入院が良いかと思います。
とのこと。


1週早めるのであれば泌尿器科の先生と相談しますがどうしますか??と聞かれました。
ですが、
1週間早めなかったとして、状態が劇的に悪化するとは考えにくいといわれたのでこのままのスケジュールで大丈夫ですと答えました。


もう1つ、2クール後ではなく、3クール後でも可能だといわれました。
3クール後にした場合、抗がん剤が効いて腫瘍が更に小さくなる可能があります、ですがその逆もあり、抗がん剤が効かず、体力だけが更に低下してしまうことも。




色々ね、考えましたが、


手術に関して、閉じる可能性が高くとも、「1つの手」としてあるいじょう、トライしたいと思いました。


抗がん剤が更に効くのかもしれませんが、3クール後よりも2クール後のほうが体力の低下具合は低いかなと、何より、あまり長いこと時間を置きたくないなと思いました。
なので、2クール後でいきたいと思います。



それらを先生に伝えまして、スケジュールを組んでもらいました。
抗がん剤投与が4週間無しになり、その後、1週間入院、んで手術、という流れになりました。


もし、手術をするということになれば、胃の全摘出になるとのことです。
あとリンパのとこの腫瘍とダグラス窩のとこの腫瘍も取るみたいな感じなのかな?
尿管とこは難しいみたいな話しもあったんすけど……。
詳しい話しは入院期間中に話しますとのことでした。
その時に、家族の方々もお呼び下さいと言われましたね。
ちょっと緊張というか不安というかビビりますよね。



と、いうことでね、そうゆう感じになりましたよ。
この4週間、やりたいことやっていきたいと思っています。


沖縄いってやるZEeee!!!





ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします。
とても励みになっています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ