緊急入院したのが24日、その日に胸腔ドレナージをしてレントゲンを撮りました。


空気が抜けきるまではこの管は入りっぱなしなのでこの機械といつも一緒の生活が始まりました。


点滴とはまた違う感じなので、動きづらい、、、(´д`|||)
そして、右手を動かす度に痛みというか、息苦しさを感じる(ー_ー)
最初の方は右手が上がらなかった、、、。


レントゲンでは、もはや肺はだいぶ元の大きさに戻ってきていて、空気は抜けきっている様子でした。

これはかなり順調らしく、先生にも早い退院ができるかもと言われまして、次の日には機械を停止、その次の日にはクランプして、レントゲンを撮りました。
レントゲンの結果────────いける!!
とのことでドレーン抜去となりました。


抜去はまたビビったけど(´д`|||)


かなりのペースで回復し、順調にいき、24日に入院して27日の午前中には退院ができました。
計4日間。
宿泊は3日間。


気胸が1ヶ月治らなかったことを考えると、1週間は掛かる、といわれていましたが、穴がふさがりつつあったのか、あっという間に退院ができました。


再発があったりするものらしいので気をつけていきたいと思います。
とりあえず退院できて良かった。
面会は完全にシャットアウトだからね、長くなる入院だとかなりしんどいものがあるんじゃないかと思う。




焦らず、ゆるーくいきますかぁぁ。
応援をいつもありがとうございます。
励みや元気、パワーをもらってます。
良かったら1日1クリックお願いいたします。
ゆるーく頑張りますわ☆


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍ランキング