先週の火曜日。
造影剤の結果を聞いてきました。


結果は増悪。


なかなか書けなかった内容でもあり、今回、自分の中でまとめたので書いていけたらなと思い、書いています。


このブログを通じて、自分の状況や状態を確認してくれていたりもしていると思うので、ちぃーとばかし遅くなりましたがすいやせんm(__)m


造影剤CTは今年、2月以来なので約3ヶ月以上振りかな。


正直、お腹の張りや痛みなんかもあったので自覚症状みたいなもんはあったんすよね。


画像でみると、お腹が以前と比べて炎症を起こしているような感じ。
今回初めて、前もあったのかもしんないけど、腹水が少量あると言われました。


この辺は僕の自覚症状と一致しているので、あぁ、そうなんかぁぁ、って思った。
今も、お腹の痛みや張り、違和感、を感じます。
凄い痛いわけじゃないんだけど、やっぱり違和感はある。


が、しかし、明確な腫瘍だったり、転移、はないみたい。
言われてきている腹膜播種が悪化しているんじゃないかということなります。
目に見えないがん細胞、やっかいなやつですわ。


薬剤は、変更の提案があり、次のクスリの説明を受けました。
副作用のこととか、重篤なものあるし、なにより承認されたばかりだから症例自体が少ない。


延命効果、OS(全生存期間)っていうの??てのも書いてあった、テキストがあってそれ見ながらだったので間違いはないと思いますが、後から調べたら色々情報でてくる。
間違いがあるとアレなんでちょっと伏せときますわm(__)m
あくまで中央値。



あぁー、いゃ、新しいクスリの説明ってなんだか怖いよな、、、。
副作用とかさ、なかには重篤なものあるし、
ひとついえるのは、効く人には効く、けど、夢のクスリじゃぁないってこと。
使うのにも条件はあるし、そもそも部位によっても効果は違ったりするもんなんだと思う。


そのうえで、治療をどうしていくかのお話し。
新しいものでいくか、パクリタキセル継続か、なにもしないか。
先生としては治療をすすめてくださって、しかし、決めるのは自分だからね、と。ゆってくれた。
新しいものでいったほうがいんではないかと思いますとのこと、パクリタキセルの継続ということもある。
しかし、今回のでちょっと効いてないのではないかなぁということ。


僕自身としては、正直なところ、色々な影響があって思う通りの治療ができなかったという思いがあり、薬剤耐性はついていたのかもだけど、あまり今回の治療していない期間とは関係ないのかもだけど。


まずは、治療への影響が落ち着いた今、今の治療を継続してやっていみたいと思いました。


先生としても、僕の意見を尊重していただき、もう一度パクリタキセルの継続をしてCTで判断をする。


ということに決めたのです。


また状況により変わることはあるかもですが、、、。


んで、その日からパクリタキセルの16クール目が始まったのです。
先週、火曜日からね、スタート。
今までよく闘ってくれているパクリタキセル、お別れは近いかもしれんがもうひと踏ん張りいきましょかぁぁ。


そして、一度、診察室をでたのですが、再度、呼び戻されました。


ん、どした、なんかあったのか??


先生
「すいません、また呼んでしまって」



「いえいぇ、なにかありましたか??」


先生
「血液検査、腫瘍マーカーの結果があがってきました。今まであがったことはなかったのですが、今回はじめて異常値が認められています。」


パソコンの画面上には
腫瘍マーカーの値が表示が赤字でされていて、異常値を示していました。


確かに、今まで胃切除前はあったのかもしれないけど、、、今回初めて指摘されました。
え、まじか、、、。


腫瘍マーカーか、、、。




先生
「○○さんの場合、なかなかあがってこなかったものです。CTにもなかなかうつらないってことを考えると、ひとつの判断材料にもなります。
これからのひとつの指標にもなります。これから見ていきましょう。」



今回の診察はこれで終了しました。





いゃ、ちょっと、今回、やべぇんじゃねぇか、オレ、、、。


今は1週間程度が立ち、少し、自分の中で消化できているかなぁとも思います。


昨日は、パクリタキセルの16クール目の2回目をうちました。


そこで、また先生と色々とお話しをしました。
気になることや、今の現状を踏まえた今後のコト。


考えが変わったコトもあります。
また、次回書いていきたいと思いますm(__)m








気胸に関しては、前回肺が少し小さくなってましたが今回はあまり変わらず、経過観察となっています。
応援をいつもありがとうございます。
励みや元気、パワーをもらってます。
良かったら1日1クリックお願いいたします。
ゆるーく頑張りますわ☆


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍ランキング