みなさん、おはよーございますm(__)m
いつもありがとうございます( ̄ー ̄ゞ-☆


昨日はですね、大学主催のAYA世代がん患者カフェにいって参りました( ̄ー ̄ゞ-☆

あ、更新なかなかできなくてすいませんね。

なんか体調的にはまずまずなんですよ、減量もしたわけで回復までにかかる時間はいつもよりはかかってない感じがあるんですけど、手先、指先に力が入らない、というか脱力感があるんですよねー。
いつもではないんですが、定期的にやってくるのでぶっちゃけやる気を削がれてます(´д`|||)

いゃ、がんばれよ、さぼんなぁぁ笑
なんて声もきこえてきそーなんで、ぼちぼちがんばりますわ。


んで、行ってきたんです。
患者カフェ。


今回が2回目になりまして、1回目はAYA世代の集まりとして東北初ということもあって、新聞等にも取り上げて頂いていました。

僕自身、治療の兼ね合いもありまして参加できるかどうか微妙だったのですが、体調もまずまず、参加させて頂くことができました( ̄∇ ̄)ノ


やっぱり、みなさん、AYAで集まる機会や病院でもなかなかお会いできない、話したいけど実際おみかけすることすらない。
という意見が多くて、今回のような会で同世代で話すことができたのは初めてだという方がほとんどだったかと思います。
実は1回目にお会いできた仲間達にも会えまして、前回よりもよりお話ししやすい雰囲気になっていましたし、新しい仲間もできましたし、交流を深めつつ、輪を広げられたんじゃないかなぁと思っています。


悩みの共有、共感、仕事のコトや、治療のコト、副作用、僕の場合ダンピング(胃全摘後の後遺症)、いろんな話を具体的にお話しすることができました。
具体的すぎて、
「あ、それわかります!!(泣)
ですよね。」
みたいな、そーゆうのがあるだけでも、1人ではないんだなぁと思えたりするんですよね。

そして、みなさん、共通していたのが、病院内で同世代の方々とお会いすることができない、そもそも見かけない、、、。
入院中、同部屋になったことがない。
等、同世代とお話しする機会というのが本当に少ない、むしろ無いといっていいくらいなんじゃないでしょーかね。
そういった方がほぼ、というか全員でした。


ですから、まず会えただけでもパワーをもらえる、というのは大袈裟でもなく、本当のリアルな現状なんすよね。
僕は、何度もいってますが兄弟、兄妹、の感覚です。


まず、会えてパワーもらって、お話しして1人じゃないんやなぁぁと思って、元気に繋がりますし、治療や何かに対しての踏み出す力になったりするんですよ。
コレが自分にもできている、与えることができるんだということがさらにパワーになります。


本当によかったです。
次回は温かくなってから、季節の変わり目、くらいかなぁぁと思いますね。


その前に、僕らのHimawariで開催したいですね☆
年末でバタバタとしますが、みなさん、体調には十分お気をつけ下さいm(__)m




応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ