え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

2018年02月

昨日は嫁さんの妹さんが下の息子をみてくれるというので久しぶりに嫁さんと二人だけで出掛けました。


3歳の息子は保育園。


デートって感じじゃないか、なんかぶらぶらドライブしただけなんすけどね。


体やすめとけって話しなんですけど、短時間だし、ムリはしてないんで大丈夫です。


んで、妹さんの家にいってから保育園にいって帰宅。




最近、もうすぐ4歳になる息子が野球にはまってます。
劇場版MAJOR メジャー 友情の一球
っていう映画を何回もみなおして投球練習してるんですけどね、振りかぶって投げてくるんすよ。
ボールを。


柔らかいボールだからまだいんですけど、それをみた1歳になったばっかりの息子がむっちゃ投げてくるんすよ。
色々なもんを。
トミカとかゼリーとか携帯とか。


ちょっと危ない。。。


なんでも真似したくなっちゃうんですかねー。


とりあえず、投げて良いものと駄目なものはしっかり教えていきたいと思っています。





応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








今、僕が処方してもらっている薬君達。


術前に飲んでて術後は飲まなくなった薬君達や、体の状況に合わせて飲んでいる薬君達がいます。


僕の薬君達を紹介したいと思います。


まず、


★カロナール→解熱鎮痛剤

コレはかなり出番が多かったし、今も飲んだりします。
術後の痛み、尿管ステント留置後、尿管ステントの違和感、等の緩和をしてくれます。
術後直後は水に溶かして飲んでたんですけどね、
苦いぃぃ。



★マグミット→非刺激性便秘剤

抗がん剤の影響で便秘になった時に飲んでいます。
便に水分を集めてだしやすくしてくれるぅみたいな感じだったと思います。
1回目の抗がん剤治療の時にヒドイ便秘になって救急車で運ばれたんすよ、オレ。
それ以来処方してもらってます。
それでも1時間くらいトイレにこもってる時もあります。
その話しはまた次回にしときます。



★ベシケア→過活動膀胱治療剤

尿管ステントの影響で頻尿、残尿感があったので処方してもらいました。
あんまり若い方は使わないんですけどね……っていわれましたがね。
今は飲んでないです。
長期間服用しないと効果がでにくいみたいです。



★TS-1→抗悪性腫瘍剤

経口抗がん剤、僕の場合は20日間飲んで14日間休薬を1クールとしています。
色々な副作用があります。



★プリンペラン→吐き気止め

抗がん剤後の吐き気止めとして処方されました。ですがあまり効かず。
たのむよぉぉ。



★ノバミン→吐き気止め

プリンペランの後に処方された吐き気止めの薬。
これもあんまり効かない感じ……。
きいてくれよぉぉ。


★大建中湯(ダイケンチュウトウ)→漢方

冷えにともなう腹痛や膨満感を、温めて治す
体力がない人で、おなかが冷えて痛み、腹部膨満感がある場合に用いられます。血流をよくしておなかを温め、胃腸の働きを活発にすることで症状を改善します。
術後は飲んでましたが今は飲んでません。



★ミヤBM→細粒

整腸剤で術後に飲んでました。今もたまに飲んだりしてます。
先生に聞いたらば、あ、ヤクルトみたいなもんです。て言われましたわ。


★ブロチゾラム→睡眠導入剤

術後から処方してもらっています。自然な睡眠へと導いてくれる薬。
入院中は中々寝られないのもあって処方してもらいました。
コレ飲むとなぜか食欲がちょっとわくんすよね。
よくわからんすけど。
気づくと寝てます。



★ソラナックス→ベンゾジアゼピン系薬剤です。

気持ちを落ち着かせ、不安や緊張をやわらげ、ゆううつな気分を改善させる薬。
ブロチゾラム飲むと少したべれるようになると話したら処方してくれました。
飲むと眠くなったりします。



★クラビット→抗菌製剤

ニューキノロン系経口抗菌製剤で、感染時に細菌などのDNA複製を阻害し、殺菌作用を示します。
通常、皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に使用ってな感じで書いてあります。
先日の血液検査の結果から処方して頂いた抗生剤ですね。


まぁ、経口剤はだいたいこんなところですかね。
一時的に飲むやつとかもあればまだあるんですけど。



まぁ、そうですね、うん、オレ、ドラック野郎です。




応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








昨日、腫瘍内科にて血液検査と尿検査をしました。


一昨日は熱があったことを伝えると念のため、インフルエンザの検査とレントゲンの検査が追加に。


結果、インフルエンザではなかったんですが、
血液検査でのCRP(炎症)値が高いという診断。


抗生剤を点滴でというレベルではないですが、錠剤を飲んで一週間様子をみましょうということになりました。


抗がん剤治療も延期。


来週に備えて体調を整えていきたいと思っています。



あと、今日ですね、前の会社の友人、仲良し女子2人が遊びにきてくれました。

ありがとうm(__)m
楽しかった、いゃ、おもしろかった
元気を貰ったよ★★


またきてくれぇぇ





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ





こんばんはm(__)m


腫瘍内科いってきました。


血液検査と尿検査を済ませて待合室にて待ちます。
しかしいつも混んでるんですよねー。


そしたら顔見知りの看護師さんがいらっしゃってお話しをしましょうという流れに。


患者さんの精神的なケアだったり色々なケアをしてくれる的な役割を担っている看護師さんなのかな。(ちょっとよくわからんす、知識不足ですんません。)


今現時点での不安なことだったり、この薬って使えないんすかね的な疑問だったり。
色々お話しをしまして、
今後の為にも心理士さんを紹介して頂くことになりました。


いざ、心理士さんとお話しをしてみたわけなんですが、良かったなぁと思いました。


患者さんの心のケアをしてくれるわけなんですけどね。
今の体調だったり、薬のことだったり、気になること、不安なこと、なんでも話して下さい的な感じです。
僕も色々とお話しをさせて頂きました。
僕だけじゃなく、家族単体でもお話しができるそうので今度は嫁さんに勧めてみよーかなと。


精神的パニックになってからお話しにくる方も多いようです、病気が病気だけにやっぱりそういうこともありますよね。
話すことで落ち着くんでしょうね。


比較的、落ち着いてる気持ちの時でも心理士さんとお話しをすることは大事なことだと思いました。


何かあったらいつでも呼んで下さいとゆって頂きました。


心理士さんは病院内に常駐している場合や、たまにだったら出現する病院もあるそうなのでよかったらお話しされてみるのも良いと思います。




こうやって医療チームが作られていくんすね。





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








おはようございますm(__)m


今日は今から腫瘍内科外来です。


血液検査と尿検査かな。


オッケーだったら抗がん剤治療開始。


なんか最近、熱があってだるい感じがあったりする。


大丈夫なんかな。


とりあえずいってみますわぁぁ。





にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ





↑このページのトップヘ