2018、11月。


緊急入院をしましてポート増設手術をして、高カロリー輸液の点滴を24時間することになりました。


その時のことはブログにあまり書ける余裕もない日々を過ごしていました。
改めて記録としても、ポートの増設やその時のことを書きたいと思います。


2018、12月。

ポートからの高カロリー輸液点滴の勉強をしまして、マスターして退院ということになっていました。 あれから順調にマスターしていきまして、細かいところは不安はありましたが、ある程度大丈夫だろうということで退院しました。 緊急入院してから約1ヶ月間ですかね。 ポートや高カロリーのやり方は、ブログにはあまり詳しく書いてなかったのでここに書いときますかな。 まず、ポート増設ですが、局所麻酔での手術ですね。 高カロリー輸液は普通の血管では耐えれないので、ポートというカテーテル??を僕の場合は左腕の肘よりももっと上のとこに埋め込みました。 そのカテーテルは心臓に繋がる太い血管に繋がっているというわけなんですよね。 これで高カロリー輸液を点滴できるようになります。 抗がん剤もポートから点滴ができるので血管へのダメージをなくすことができます。 ポートはあまり目立たないですね、使うときに針を刺して使うのでそれ以外はポートがあるかどうかは気づかないと思います。 でね、このポート増設、確か、入院して次の日にやりましょうってなりましてね、 え、あ、わかりました。 とはいったものの、びびってましたよね。
そりゃぁビビるよね、、、。(;´Д`) 手術自体は局所麻酔なんで意識はあるわけなんですよ、 なんだろーか、左腕なんかやられてるなという感覚でした、時間にして30分くらいだったかと思います。
腫瘍内科の先生がやってくれて、ちょくちょく話し掛けてくれます。
手術室って感じじゃなくて、なんだろ、造影ができるような部屋なのかな、一人は奥の部屋でモニターを見ながら指示を出していたように思いますね。

そこまで痛くはありませんでしたね、麻酔がきれてからジンジンする感じはありましたが、痛み止めとかカロナールとかもらいました。
高カロリー輸液の点滴が可能になって、24時間の点滴が開始となりました。


んで、お向かいの患者さんと輸液のやり方をマスターしまして、
退院して自宅にて点滴になったのがクリスマスイブだったんですね。


あのときはそんな感じでした。
記録的にも書かせて頂きましたm(__)m




応援よろしくお願いしますm(__)m 
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★ 


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村 


闘病記ランキングへ