あー、なんか手先に力がはいんないすわぁ。
なんなんだろコレ。
脱力感というか、血の気がない??というか、まぁそんな感じ。


ちなみに前回の記事に書いたAYA世代のお話しは決まり次第すぐ報告しますんで、みんな気負いせずに参加してもらえると嬉しいです。
よろしくお願いしますm(__)m


んでね、そのAYA世代のがんカフェ開催にむけて某大学の教授とお話しができる機会がありましてね、僕、お話ししたんですよ、教授と。


女性の方で看護系の教授の方でね、それは緊張しました。
その日は僕は抗がん剤投与の日だったんで、わざわざ抗がん剤投与室??に来ていただきましてお話しをしました。


こうゆうことをやりたいです、
といったら、
「わかりました、やりましょう」
と一言、人数はどれくらいくるかわからないけどやりましょうって即答でした。


5分くらいですかね、いゃ5分も喋ってないな。


看護師さんが、そろそろ教授、時間です、みたいな感じで教授は去っていかれました。


おぉー、さすが教授やな。


その短い時間の中である程度話しができてよかったですし、とてもありがたかったです。
がんカフェ実現に向けて大きな一歩となったからです。


開催となれば多分またお話しできるんじゃないかと思いますので、楽しみにしていたいと思います。
よろしくお願いしますm(__)m









応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ



人気ブログランキング
スポンサードリンク