今日は入院4日目、人工肛門の手術日です。


3日目のコトはまたの機会に書けたら書きますかね。


一応予定では10時半からとなっていますが、、、
ちょうど今、さっき、M先生がきてくれまして


「◯◯さん、まだ鼻と喉の調子が良くないそうですね、熱は下がったようですが、、、。」


「はい、そうですね、自分的には大丈夫かなぁと思っています」


「そうですか、んー、私としては週明けの方が良いのではないか、と思っています。
術後の肺炎等も気になりますし、緊急的に手術が必要というわけでもない。
奥様がくるまで、麻酔科と相談してきますのでもう少しお待ち下さい。」


とのこと。


その後、何人か看護師さんがきてくれまして、なんか延期になりそうなんだよー。
麻酔科と話してみてかららしいけどね。
と何人もの看護師さんが教えてくれました。


んー、ちょっと今日は難しそうですねー、手術延期になりそうです。


と思ってたらM先生再び登場


「さっき麻酔科の先生ともはなしてきたんですけどね、ちょっと延期にした方がいいとのことになりました。
やっぱり肺炎とか痰の出し方とかね難しくなると危険ですから、体調を整えて手術をするのが1番だと思います」


「そうですか、わかりました。」


と、延期が確定しました。
今後、体調が回復するまで1度帰宅してから再入院するか、このまま入院するか等、嫁さんと決めることになってます。


クスリも処方してくれるそうなのでのみながら体調を整えたいと思います。







応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ











人気ブログランキング
スポンサードリンク