3月に突入ですね。
ぼくはあまり外にはでてなかったのですが風が強かったり、寒そうだなぁとおもいながらも基本、家の中で過ごしてました。
インフルエンザとかもこわいすからねぇ。


先日、病院いきましてですね、S状結腸の内視鏡をしてきました。
2リットルの下剤にビビったりしてましたがS状結腸だけなので下剤とかそうゆーのはなしでやれるということでホッと安心しちゃってました。
S状結腸はおしりから入ってすぐのとこですからね。
今、直腸の壁がどれくらいなのかを診てもらおうってことで診てもらいました。


「やっぱ大腸カメラの看護師さんキレイな人多め」アルアルを無事に乗り越えたオレは、なんとか検査をおえることができました。
とりあえず今回は安定剤なしの方向でいきましたね。
ちょっとヤバそうだったら使うという感じでしたが使わずに終わりました。
検査中、何やら先生がもごもご話してたんですけどよく聞こえませんでした。
声ちっさいのとちょっと便意がある中での感じだったので。
多分、僕に話しかけてきてくれてたんだと思います。
「本人の感覚の通り、前回よりは良くなってますよー」
「前程痛くはないですもんねー」
みたいな感じでゆってくれてたと思います、僕にもうちょい余裕があればよかったんすけどね。
ちょっとなにいってるかわからないっす状態でしたね。
で、更に看護師さんが
「大丈夫ですか?!痛くはない?!」
って被せてくるんで
「え、はぃっ、大丈夫ですっ。」
みたいな、
誰がなにいってるか更にわからない状態でしたね。


まぁ、それも無事におわりまして腫瘍内科にて診察しながらカメラの結果を聞きました。


前よりは狭窄の幅は広くなっているとのことです。
炎症が落ち着いたのか、抗がん剤が効いたのかはわかりませんが両方なんでしょうね。


「前よりは広くはなってますがちょっと先にいくと狭くなっていて便が溜まっている状態なんですよねー、だからごはんはやっぱり食べていいかというとちょっとやめといた方がいいと思います。」

という感じでした。


なので、抗がん剤を先行にして治療をしてきましたが現時点では人口肛門増設した方が良いんじゃないかと先生とも話し合い、そこに向けて動いていきましょうということになりました。




応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








人気ブログランキング
スポンサードリンク