今回は抗がん剤パクリタキセルの治療について書いていきたいとおもいます。


パクリタキセル、いゃ、タキセルですが基本的には4週間でワンクールとなっています。
そのうちの3週間のうち1週間ずつ1日だけパクリタキセルの投与、最後の1週は休薬ということになりますね。


だから例えば月曜日に抗がん剤パクリタキセルをうったら、そこからあと2週間は月曜日にうって、その次の週はお休みです。
1週間に1回うつ、それを3週つづけて1週休みとなるわけです。


僕はパクリタキセル自体は初めてでしたが3週目は好中球が足りず減薬となってしまいました。


あと、ラムシムルマブ??ですかね、併用もあるとのことですが腸への影響が懸念され穴が開いたりと危険なこともあり、今の僕の状態、直腸狭窄(腸閉塞気味??)、口からの栄養摂取ができてないこともあり、パクリタキセルのみの適用となりました。


ラムシムルマブを使って副作用が大きくでて中止や延期になるより、パクリタキセルのみで長く使っていきたいのかなぁと勝手に解釈しました。


好中球が足りていないと免疫力が下がってしまうそうです。
次週は休薬期間ですからね、好中球を戻していきたいと思います。
戻す方法ってのも中々ないみたいすけど体を休めるのが一番ですかね。
ゆっくり休みたいとおもいます。


アカシジアは本当にきつかったのですが今はだいぶ楽になりました。
でもまだ少し足がムズムズするんですよね。
クスリが抜ければ自然と治るといわれたのですが、時間的には完全にクスリは抜けてるはずなんすけどね。


リボリトール、アキネトン、処方してもらいましたので様子をもう少し見ますかね。





応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ










人気ブログランキング
スポンサードリンク