え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

こんにちはm(__)m

タイトル通り、胃ガンを告知されてからの日々をブログに綴っていきたいなと思っています。
文章にすることで整理できるかなと、又、共感できるかたがいらっしゃったらいいなと、等々ありまして、とりあえずブログ一生懸命やらせて下さい‼


追記、僕のスペックを書いておきます。
僕→33歳
嫁→39歳
息子→3歳
息子→6ヶ月

同居人
嫁の母→63歳

2017.6月現在

入院して3日目から抗がん剤、TS-1を開始しました。


んで8日目から点滴、シスプラチンを開始。
その前後の日に水、利尿剤、吐き気止めの点滴。


シスプラチンを打った次の日くらいからあんまり食べれなくなり、4~5日目くらいから結構具合悪い感じになっちゃいました。


僕の場合、一通りの副作用はあったかなと思いますね、初めての経験ばかりだったので精神的にもキツイもんがありました。



アレ、コレ、鬱なんじゃねぇか??と思ったりもしましたね、なんかね、何もしたくない的な、話したくない的な、ね、なんかわかりますかね??


高熱の風邪の時って寝込んで何もできないわけじゃないすか。
でも治るわけじゃないすか。
それが一生続いたらキツくないすか?


僕の場合はコレ、抗がん剤を打ち続けていくわけじゃないすか。
効き目がなくなったら違う種類に変えてみたいなね。副作用がその度にでるかでないかはわからないですけどね。
それはそれでしんどいなと思ったんですよ。
具合わるいから色々ネガティブな方向に考えてしまうんですかね。



これ、究極のツッコミだと思うんですけどね、

大丈夫死ぬ訳じゃないんだから、っていうフレーズあるじゃないですか、

これ、僕の場合
いやいゃ、死ぬ可能性あるんだけどぉぉぉ、で返せるんですよね。


なんかそんなコト考えてたらちょっと吹っ切れてきましてね。

いつか、使ってやりたいと思ってます。


まぁ、今、現在はなんとかダイブ体調的には落ち着いてきた感じですかね、
正直、不安だったり、怖さだったり、もちろんありますよ、副作用によって、どんどん、ネガティブになっちゃう的なコトだって、そりゃ、ありますよ。


体調が安定したことによって、精神も安定するもんなんですよね、結局バランスって凄く大事なんだなぁと思いましたよ。
もちろん、友達だったり、家族だったり、お見舞いだったり、話ししにきてくれたりね、とても有難かったです。
具合悪いから動けないけど、話しはできるし、話ししたいときはしたいしね。

気を使わずにいれる友達がいるってのはそれだけでとても素晴らしいことなんだと、僕はそう思います。



ドラクエ買ったんでレベル上げしてきますわ。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


お久しぶりです m(__)m



あ、生きてますよ笑



入院してからの出来事を日々書いてこうと思ってたわけなんですけどね、抗がん剤の副作用なんですかね、吐き気、だるさ、貧血、無気力、な感じが強くてダウンしてました…。


今もまだ完全ではないんですけどね、いくらかはマシになった気がします。


初めての抗がん剤、点滴+錠剤なわけなんですが先生がゆってた通り、最初1ヶ月間は免疫力が特に低下するみたいです。


入院中のコトに関しては整理しながらブログに書いていけたらと思ってます。


NARUTO全巻読めず、返却!!


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします★
励みになります!


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


おはようございます。


尿管ステントの留置、いってまいりました。
ちょっと寝れなかったり、不安もねあったんですけどね、いってきましたよ。


尿管ステントですが、
水腎症というもので、ガン細胞の転移により尿管が狭くなってしまっており、尿が腎臓から流れにくくなってしまっているんですね。
(水腎症はガン細胞の転移によるものもありますが、その他にも原因は多々様々あります)


なので、腎臓と膀胱を繋ぐステント(管)を留置して腎臓の働きを助ける為の処置をするということですね。
(ワンクール目の抗がん剤が腎臓の負担が大きいものなので)


腎臓の負担は無くなりますが、尿管を狭くしている腫瘍をがなくなるわけじゃないので、悪化した場合は他の手段も考えないといけないかもしれません、今のところ、腎臓から流れてくる尿の量は尿管が狭くなっているものの異常値ではないので当分は大丈夫だとは思いますが。
徐々に尿の出が悪くなったり、トイレにいく回数が増えたり等の場合はなにかしらのサインですね。


で、ともあれ、呼ばれましたよ。。。


ってもあんまり詳しく書くのもアレなんでね、サクッと書きますよ。


麻酔、安定剤も無しだということでね、ちょっとビビってましたが、いざ、終わってみるとそこまでじゃないです。
先生から聞いていた通り、緊張とかはあるかもしれないけどそこまで心配しなくて大丈夫です、という感じでした。


膀胱内視鏡を尿道から挿入しますが、あまり感じませんでした、途中、チクッとする箇所はありますが痛みというより、違和感な感じですかね。
初回の留置はちゃんと留置されてるか確認作業があります。
(尿管ステントは3~4ヵ月に一回交換)
次回の交換時は交換だけらしく、すぐ終わるらしいです。


ってかな感じで終了でした。


終ってからはちょっとしばらくしてからですが排尿時に痛みがありました、ステント留置による影響でしばらくすると治るみたいです。
血尿も出ますが、これもステントの影響で擦れたりしてしまうと出るらしいのでこれもしばらくすると慣れて止まるみたいです。


痛み止めももらえますのでヒドイ時は飲んだ方が良いですね。


僕は痛みが続いたので一応、飲みましたよ。。。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ

↑このページのトップヘ