え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

こんにちはm(__)m

タイトル通り、胃ガンを告知されてからの日々をブログに綴っていきたいなと思っています。
文章にすることで整理できるかなと、又、共感できるかたがいらっしゃったらいいなと、等々ありまして、とりあえずブログ一生懸命やらせて下さい‼


追記、僕のスペックを書いておきます。
僕→33歳
嫁→39歳
息子→3歳
息子→6ヶ月

同居人
嫁の母→63歳

2017.6月現在

みなさん、こんにちは(  ̄ー ̄)ノ



抗がん剤3クール、9日目。
入院4日目です。
今日は水分点滴です。



入院部屋なんですけれども、最大4人入室ができて、今は3人同室です。



昨日、新しい方が入室されまして3人になりましたね。



多分だけど、手術後→HCU→個室→4人部屋の流れで戻ってきた方かな。
お話しはまだできてないんでアレなんですけど、多分そうだと思います。



手術お疲れ様でしたm(__)m
4人部屋まで来れたならば後は順調に退院へと向かっていけたら良いですね。



そして、事件は消灯後、夜に起きました。



いゃ、あのね、隣の方、いびきすごいねん。。。



前もあったけど、以前の方よりはまだ大丈夫なんすけど、ボリュームは中を越えとるわけですわ。



でも、やっぱり色々なことやってきて今ここにいるわけですからね。
仲間なわけですよ。
同じ闘病者なわけです。
いびきくらいどうなんだって話しですよ。



だから僕は目をぎゅっとつぶって眠りについたんです。










──────いやいやいゃ、やっぱりNereneee! ! !



1時間おきに目を覚ましては眠る、の繰り返しだったわけなんです。



寝不足。



今回は看護師さん「隣の方のいびき大丈夫ですか??」
とか無かったんで病棟には響き渡ってはいないくらいな絶妙な音量だということか。



いや、、、逆に自分では気づいてないけど僕自身いびきかいてるかもしれないってこともあるわけだしな。



うん、よし、耳栓かってこよ。



そして、お互い乗り越えましょう。





応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ












術後3クールの抗がん剤開始8日目。


入院3日目、シスプラチン点滴です。


抗がん剤のシスプラチンってね、入院中ずっとやるわけじゃないんですよ。


シスプラチンは入院期間中の1日だけで、その1日の1時間だけなんです。
コレ伝えると、みんな、
「え!そうなの?!」
って感じになるんすよね。


だから僕も
「え!そうだよ!!」
って感じになるんすよ。



毎日やると思ってんのかな。
もっと長い時間やると思ってるんかな。


でも、確かにわかんないですよね。



流れとしてはですね(僕の場合)


入院1日目
午前中に病院着、からの心電図、レントゲン検査があります。
終わったら特に何も処置等はなしです。
なので、午後過ぎくらいからはなにもすることなしです。


やっぱり消灯はやっ!!って感じる日でもあります。



入院2日目
朝、点滴の針を刺します。
そこから点滴開始、今回は11時頃から開始だったかな。
水分点滴を2時間×3パックなので約6時間。
終わったのが夕方6時くらいでしたね。(パックの交換の時間とかもあります)
点滴の針、ラインは明日以降も使うのでそのまま、刺さったまんますね。


いやぁ起床はやっ!!って感じる日でもあります。
6時に起きて検温してまた寝ました。



入院3日目(現在です)
今日は抗がん剤シスプラチンの日です。

点滴開始したのが11時くらい。
最初、15分くらいの点滴(なんのやつかは聞くの忘れました)
次が、2時間の水分点滴。
次が、45分の利尿剤点滴。
このあたりからオシッコ頻繁にでます。
次に、1時間のシスプラチン。
次に、2時間の水分点滴。

これで終了です。
19時くらいすかね、終わったのは。
計8時間くらいです。


シスプラチン点滴中は針が抜けたり、漏れたりすると大変なので安静にしなきゃいかんのです。
看護師さんもシスプラチン扱う時は完全防備、ナース服の上に更にビニールのやつ着て、手袋はめてます。


でもね、凄くトイレ行きたいわけなんですよね。
何回も。
水分はいって利尿剤はいったらそりゃそうなります。


なのでシスプラチン点滴時は病室に尿を溜めるやつを一時的に置かしてもらっています。
病室のみなさん、なんかすんませんm(__)m
看護師さん、ありがとうございますm(__)m


ここまでが入院3日目までの大まかな流れですかね。


現在に至ります。


入院4日目、5日目は水分点滴です。


基本的には2日目と同じような流れだったかと思います。
場合によっては利尿剤が入ったり。


明日、また書けたら書きたいと思ってます。




嫁さんと、息子達がきてくれてたんで談話室で一緒に夕御飯たべました。
嫁さんはのり弁みたいなやつ
息子はうどん
僕は病院食
写真とかとっておきゃよかったな、今度撮ろうー。


まだ食べれる。
副作用はない感じですね。
やはり退院したあたりからかなぁー。




応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ





水分点滴開始ですね。


点滴のラインが中々とれなくて、何回も刺し直し。


刺す前に右腕を蒸しタオルで10分くらい温めてからトライ。


1回目失敗。
2回目失敗。。
3回目失敗。。。


うん、先生、痛いっす。。。


いつもは1回目か2回目では決めてくれるんですけどね、今回はちょっとてこずっている様子。


「◯◯さん、すいません、ちょっと左でいきましょう。ごめんなさいね。」


ってことで左手を温めて再トライ。


「どうですかね、コレ、痛いですか??」


「コレ、痛いです。。。」


点滴も、何回もやってるから血管が固くなったり、細くなったりしてんのかな。


ポートもできるだけやりたくないっすと言った手前、仕方ないっす。


「ごめんなさい、もう1回、右でいきましょう。」


「はい、お願いします。」


ってな感じで5回目で成功。


良かった良かった。


DSC_0683



水分点滴開始!




応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






↑このページのトップヘ