え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

こんにちはm(__)m

タイトル通り、胃ガンを告知されてからの日々をブログに綴っていきたいなと思っています。
文章にすることで整理できるかなと、又、共感できるかたがいらっしゃったらいいなと、等々ありまして、とりあえずブログ一生懸命やらせて下さい‼


追記、僕のスペックを書いておきます。
僕→33歳
嫁→39歳
息子→3歳
息子→6ヶ月

同居人
嫁の母→63歳

2017.6月現在

胃全摘出から1年。
手術から1年。


昨年の今頃はまさに手術台の上にいました。


あれから1年が経ったのかと思うと感慨深いものがあります。
ここまでこれたのもいろんな方々のお力のおかげだと思っています。


本当にありがとうございますm(__)m


今現在の体力的なものでいえば、当時考えていたよりも体力が低下していて、手術というものは体力を大幅に消耗するんだなぁと改めて感じています。


なのでしっかり体力を回復させていくとと、
治療はまだ続いていますので治療をしっかり行うこと、
これらをしっかりやっていこうと思っています。


適度に頑張ります( ̄ー ̄ゞ-☆
これからもよろしくお願いしますm(__)m


とりあえず今日は酒でものんでやるZe!!!
(ビビりなんで少しね)





本当にありがとうございますm(__)m
応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






昨日から休薬期間に突入。


2週間飲む予定でしたがなんだかんだで飛ばしてしまうことも何度かありました。。。
TS-1だけになっても副作用がしんどいときがあります。
先生はどちらかというと、
ムリやりにでも飲んでというわけではなく、
飛ばすのも仕方ないです、
飲める時に飲みましょうという感じなので、そこに少し甘えてしまっているかもしれません。
頑張っていきたいところです。


昨日は親戚、いとこのみんなと芋煮会を開催。
昨年もやったなぁ、楽しかったです。
また集まろうぜ。


休薬期間、体力を回復させていきたいです。






応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






前回の休薬期間中にいってきました。


ブログに書こう書こうと思っていたけど先延ばしにしてしまっていました。


地元の雑誌とかみて休薬期間中に行きたいなぁと思っていた場所。
今までカフェとかね、そういう類いの場所って行きたいと思うことはなかったし、お茶するっていうこと自体、自ら思うことはなかったんだけど。。。
なんか、雑誌みてたら行ってみたくなった。
まぁ、外食へのリハビリと思っていってみようかぁぁ。って感じ。


DSC_1431




DSC_1433




DSC_1435



おぉー、なんか英国みたいな雰囲気ですわ。
レストラン、カフェ、アンティーク店、等がありましたね。
結構アンティーク好きなんですよね、僕。
懐中時計とか持ってます笑


とりあえずこんなゴハン食べました。
DSC_1439




え、まじか。
こんな感じでくるわけなのね。
オシャレやん笑
オシャレな食べ物に耐性がないオレ。
胃がないオレでもこんな感じの食べていいんか。
食べていんだよな。。。



DSC_1440




DSC_1441




安心して下さい。
胃がなくてもこんなオシャレな食べ物食べれます。
( ̄ー ̄ゞ-☆
さすがに全部は食えんけどな。


その後は隣接するカフェへ。
こんな感じ。
DSC_1442



DSC_1443



テラス席もあったんで外でゆっくりしてもいいかもですね。



いやー、おもしろかった(*´∀`)



何が言いたいかってね、胃を失ったらですね、以前と同じように食べることは正直難しいのかもしれません。
でも、食べる楽しみは取り戻せるということなんですよ。


え、コレ、良いことゆってるんじゃないか。
たまにはカッコいいこと言わさしてくれ( ̄ー ̄ゞ-☆


胃がないオレのカフェ巡りでブログやっていこーかな笑




応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







↑このページのトップヘ