え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

こんにちはm(__)m

タイトル通り、胃ガンを告知されてからの日々をブログに綴っていきたいなと思っています。
文章にすることで整理できるかなと、又、共感できるかたがいらっしゃったらいいなと、等々ありまして、とりあえずブログ一生懸命やらせて下さい‼


追記、僕のスペックを書いておきます。
僕→33歳
嫁→39歳
息子→3歳
息子→6ヶ月

同居人
嫁の母→63歳

2017.6月現在

今日は友人の結婚式。


小学校からずっと一緒だった親友のY氏。


オレの病気がわかった昨年の今頃から、式やるからそれには参加してくれよっ!
って言われていた。


なんだけれども治療や副作用、そんなこんなで出席できる状態じゃなく。。。出席は難しいコトを伝えた。


本人は

「まぁ、全然大丈夫よ。治療が延期になったりは知っていたし。気にすんなぁ。」


ってゆってたけどな、なんかやっぱりせつなさを感じた。
マジでゴメン、申し訳ない。
散歩とか頑張ってみてるけどまだ体力や精神力が追い付かないんだわ。


友人代表のスピーチは手紙を書いて代読を頼んだ。


出席はできないけどここから誰にも負けないくらいY氏&Nちゃんの御結婚を心から祝福しているよ!!





なんとか、どこかのタイミングで一瞬でも顔を出せたらとは思っている。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ




最近ダンピングの回数が増えてきたように感じる。


ゴハン食べた後、2~3時間後かな、徐々に体が熱くなってきて頭がボォーっとした感じになるのだ。
動悸っていうのかな、腹痛は無い。
後期ダンピングってヤツ。


あと、バナナとスイカ、術後からものスゴくお世話になっているフルーツ君達。
夜食なんかで食べるとすぐに腹痛になるコトが多くなってきた。
なんでだろう??
甘すぎんのかな??
大丈夫だったはずなのにな。。。
食べるペースが無意識に早くなっちゃってるのかもしれないな。
こっちは前期ダンピングってヤツ。


すぐくるダンピングは地味に悪心というか、気持ちの悪さと痛みがあるからまぁキツイ、やっぱり肩も特に右肩に差し込まれる様なうずくまるような感覚を伴う。


スイカが食えなくなるのはちょっとせつない。。。


すごいゆっくり食べて様子をみるコトにしよう(  ̄ー ̄)ノ







応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ




昨日、サッカーW杯ロシア大会に向けての代表選手選考の発表がありましたねー!


直前で監督が変わってビックリ。


代表選手はこんな感じ。


【GK】

川島永嗣(35歳、メッス、3回目)

東口順昭(32歳、ガ大阪、初)

中村航輔(23歳、柏、初)

【DF】

長友佑都(31歳、ガラタサライ、3回目)

槙野智章(31歳、浦和、初)

吉田麻也(29歳、サウサンプトン、2回目)

酒井宏樹(28歳、マルセイユ、2回目)

酒井高徳(27歳、ハンブルガーSV、2回目)

昌子源(25歳、鹿島、初)

遠藤航(25歳、浦和、初)

植田直通(23歳、鹿島、初)

【MF】

長谷部誠(34歳、アイントラハト・フランクフルト、3回目)

本田圭佑(32歳、パチューカ、3回目)

乾貴士(30歳、エイバル、初)

香川真司(29歳、ドルトムント、2回目)

山口蛍(27歳、セ大阪、2回目)

原口元気(27歳、デュッセルドルフ、初)

宇佐美貴史(26歳、デュッセルドルフ、初)

柴崎岳(26歳、ヘタフェ、初)

大島僚太(25歳、川崎、初)

【FW】

岡崎慎司(32歳、レスター、3回目)

大迫勇也(28歳、ブレーメン、2回目)

武藤嘉紀(25歳、マインツ、初)


監督が変わったってコトもあるけど若手よりベテランを選んだ感がありますよね、僕、個人的には良かったんじゃないかなぁって思ってます。
予選各国強敵揃いだけど日本のサッカーを魅せて下さいよー!
応援しています!!


あとイニエスタ、神戸すげぇぇ!



今日も散歩行けたら行こう☆
風強いな。
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ




↑このページのトップヘ