え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

こんにちはm(__)m

タイトル通り、胃ガンを告知されてからの日々をブログに綴っていきたいなと思っています。
文章にすることで整理できるかなと、又、共感できるかたがいらっしゃったらいいなと、等々ありまして、とりあえずブログ一生懸命やらせて下さい‼


追記、僕のスペックを書いておきます。
僕→33歳
嫁→39歳
息子→3歳
息子→6ヶ月

同居人
嫁の母→63歳

2017.6月現在

新しく紹介された、規模の大きなガンセンター。

紹介状を渡して、受付を済ませ、消化器科に案内され、待つこと数分。

「◯◯さん、どうぞ」

部屋に入り、説明を受けます。

「紹介状ですね、わかりました。では、色々な検査を受けて頂いてその結果を踏まえてお話しをしましょう、とりあえず検査の説明をしますね。」

ということで、色々な検査の説明を受けました。
胃カメラ、大腸内視鏡、CT、心電図、etc………。

メッチャあるやん……。

「◯◯さん、今日は何か食べてきてますか??」

「あ、いゃ、前のガンセンターから一応食べないで行ってくれと言われてましたので食べてません。」

「では、胃カメラやってしまいましょう。」

「え、はい、わかりました。」

マジか…………、いゃ、ある程度は覚悟してましたよ、けど、またやんのかと……。

でも、詳しく調べる為に、根治の為にも、頑張ります、やります!


僕、やります。

やらせて下さい!

僕は、ヱヴァンゲリ◯ン初号機パ………………。



ふざけてすんません……、題材的にもふざけたらアカンやつやとは思うんすけど、ちょっとでも明るくいきたいんすよ……。

すんませんがお許し下さいm(__)m
そして、お付き合い下さいm(__)m


というわけで、前回の胃カメラから短めのスパンでの胃カメラ検査、いって参ります。


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ

ガンセンターから告知された後、僕はその足で職場に戻らなければならなかった為、正直、かなりしんどかったのですが職場へと戻っていました。


「仕事」のお話しになりますが、僕は、某ブランドのアパレルショップの責任者を任されておりました。
販売体系は直営ではなく、販売代行店でしたので僕は直営の社員ではなく、販売代行会社の社員ということになります。
その為、社長との距離感は近く、僕は、相談ごと等があった場合直接社長に相談してました。
今回のコトも今後のお話しもしなければならず社長に僕の今の現状を伝え、とりあえず見通しがつくまでの休暇を頂きました。

「必ず、戻ってこいよ」
「ちゃちゃっと取りゃすぐ治るだろ」

…………、社長、泣かすんじゃねぇよ……。
(ギリギリ、泣かなかったけども)

そんな暖かい言葉も頂きましたよ。
そして、一緒に苦楽を共にしてきたスタッフにも同じようにお話しを僕からさせてもらい、

「◯◯さん、大丈夫っす、席はあけときますからね」
「◯◯くん、病気ってガラじゃないから大丈夫」
「◯◯くん、絶対大丈夫、入院とかしたらエロ本もってくから」

…………、いゃ、だから泣かすんじゃねぇよ……。
(ギリギリ、ギリギリ泣かなかったけども)
スタッフからも暖かい言葉を頂きました。


そして、僕は前ガンセンターからの紹介状を握りしめ新ガンセンターへと向かうのです。

いざゆかん!!新ガンセンターへ!

あっ、その、あのー、エロ本はマジで御願い致します!!


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ

前回の電話から一日後、僕はガンセンターに行きました。

受付を済ませ、呼ばれるのを待ちます。


「◯◯さん、こちらへどうぞ。」


部屋に入ると、医師の方が僕の検査画像を広げながら待ち構えていました。

「よろしくお願いいたします」

「はい、どうぞ、お座り下さい」

そこから医師の先生のお話しがあり、


まず、胃癌が見つかったということ、そして、手術等の処置が必要なこと、更に精密な検査が必要なことが告げられました。


いゃいゃいゃいゃ、全然ついていけねぇぇ。
先生……、いゃ、先生は物凄い優しい感じの方で、言い方も柔らかい感じではありますよ。
でも、でも、中身が重すぎで、ヘビーっす…………。

癌の可能性はもちろん、少なからずあるとは思ってましたけど、いざ、告知されると、ずっしりと重いものが乗っかってくるような、そんな凄いショックを感じました。


結果、僕は

「先生、僕はどうしたら良いですか??あの、生きられるんですか??」

…………もう、よくわからん質問してました。

「んーとですね、なのでそういったコトも含めて更に精密な検査が必要になってくると思います。
なので、検査ができる大きなガンセンターの紹介状を書きますね」


といことで僕は更に精密な検査を受ける為、紹介状を握りしめ、他のガンセンターへと行くことになるのです。

いざゆかん、新たなガンセンター!!


ランキング参加しました。
応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ


↑このページのトップヘ