え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

こんにちはm(__)m

タイトル通り、胃ガンを告知されてからの日々をブログに綴っていきたいなと思っています。
文章にすることで整理できるかなと、又、共感できるかたがいらっしゃったらいいなと、等々ありまして、とりあえずブログ一生懸命やらせて下さい‼


追記、僕のスペックを書いておきます。
僕→33歳
嫁→39歳
息子→3歳
息子→6ヶ月

同居人
嫁の母→63歳

2017.6月現在

おはようございます(  ̄ー ̄)ノ


熱が出てしまって治療が延期になってしまったわけなんですが、 夕方くらいから、抗生剤や解熱鎮痛剤が聞いたのかだいぶ良くなった様にに感じます。


今朝起きてみて、多少の頭痛はありますが熱は大丈夫っぽい。
でもコレ、解熱鎮痛剤で下がってるだけで血液検査すると実は熱があるんです。みたいなパターンもあるからなぁ。


今日も腫瘍内科の診察いってきやすー。





こんにちは(  ̄ー ̄)ノ
応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ






こんばんは(  ̄ー ̄)ノ


題名のとおり、抗癌剤治療がまた延期になってしまいました。


昨日の夜になんともいえない寒気がきて、38℃くらいまで熱がぐっとあがっちゃいました、、、。


今朝になってもあんまり下がらなかったんで、病院に電話したら診察するからきてくれとのこと。


病院に着きまして、色々検査をしてもらいました。


インフルエンザではなかったみたいですが、白血球の数値が高くて抗生剤もらって様子をみることに。


なので明日からのTS-1は一旦延期すねー。


明日はゆっくり休んで、明後日また病院で診察ということになりました。





応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







おはようございます(  ̄ー ̄)ノ



昨日、腫瘍内科の診察いってきやした。


抗癌剤治療が再開となったのでその時のことを詳しく書き記したいと思います。




診察室に入ると、昨日は男性の先生でした。


抗癌剤治療について先生とのやりとり。


「どうしますか??もう1週間様子みますか??」


「正直、迷っています、、、検査結果は問題ないんですよね??」


「検査結果は問題ないです、いくつかLOWの値にはなってますが許容範囲内です、前回、前々回の抗癌剤治療の時と比べてもあまり変わりはないんですよ。」

え、まじか、そうなんだ、、、

今回はキツイなぁと思っていたんですけど数値上は前回や前々回と変わらないという事実、現実に驚きました。


「ですが目に見える体調と、目には見えない体調がありますから、やはり ご本人の体調次第ということになるでしょうね、
どうしますか??」


先生は数字で治療を押してくるわけではなく、僕の体調を優先に考えてくれているんだなぁという安心感、なんかそんなものを感じました。

「正直、やるべきだなとは思っています。。。
いけますー、、、よね?!」

すごい微妙な返答になってしまった、、、。

「んー、、、問題はないと思いますが、、、ゴールデンウィークに入ってしまうと病院の体制もあるのでその前の方が良いかもしれません、、、。
でもやはり本人次第ですよ。」

そういう問題もあるのか、、、。

実は、先生とお話しをする直前まで、ケア看護師の方ともお話しをしていて、ある程度自分の考えをリセット、整理をして纏めることが出来ました。

治療を再開するべきだな、治療しよう。
そう思いました。


「───、わかりました、開始したいと思います。」


と、いうことで今週木曜日から再開となったわけです。


なにかあれば電話下さいとか、入院を体調次第で1日伸ばしたりとか、その都度対応できますからとゆって頂きました。


今回はいけそーなきがするー。


体調気を付けていきたいと思います。






応援よろしくお願いしますm(__)m
1日1クリックお願いします
とても励みになっています★


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ







↑このページのトップヘ