え、まじか、33歳にして胃ガン告知をされ、余命宣告をされた件

33歳 男 既婚 妻あり 子供2人(3歳の男の子、6ヵ月の男の子) 2017年6月 スキルス胃癌 腹膜播種 水腎症 レベル4 と診断。 余命宣告を一年とされました、闘病を綴ったブログです。

こんにちはm(__)m

タイトル通り、胃ガンを告知されてからの日々をブログに綴っていきたいなと思っています。
文章にすることで整理できるかなと、又、共感できるかたがいらっしゃったらいいなと、等々ありまして、とりあえずブログ一生懸命やらせて下さい‼


追記、僕のスペックを書いておきます。
僕→33歳
嫁→39歳
息子→3歳
息子→6ヶ月

同居人
嫁の母→63歳

2017.6月現在

今日は抗がん剤パクリタキセル治療が開始です。
朝の血液検査を待ってクリアしていれば投与となります。


結果は好中球が足りないですがパクリタキセルの量を減らしてうちましょうということになりました。


頼むぜタキセルー。


うっているとウトウトと眠くなってきて眠っちゃいましたね。
少しはアカシジアの症状が抜けきってなく、ねむれていなかったのでそれもあってかよく眠れた気がします。


あとは緩和の看護士さんにこの症状を相談したところ、明日、精神科の先生に診察をしてもらうことになりました。

髪の毛が半端ないくらい抜ける。


にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








昨日、こんな二人がきてくれた。


sketch-1544778407524



いやいゃ、いつもお世話になってますm(__)m
絵に書いたような幸せそうな夫婦。
なんだかんだ気にしてくれてね、わりと頻繁に連絡をくれている。
物事の本質を見抜いていてくれているんだろう。
確かに、今後、状況や場合によっちゃ面会謝絶にしてしまうこともあるだろう。


ただ、何故にハートマークを作りやがった?!笑
きもちわるっ!笑


っていう話しでした。



いやいゃ、本当にありがとうね(*´∀`)
感謝してます。


あ、歯、見えとるな、すまん。



髪の毛が尋常じゃないくらい抜けてきたしな(´д`|||)
応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








一昨日の夜、オレ史上、もっともきつく、しんどい「最悪な夜」となった。


ことの始まりは睡眠導入剤の話から始まった。
いつも使っているブロチゾラムよりも良いくすりがないかと相談していた。
最近、ブロチゾラムに効き目を感じなくなってしまっていたのだ。


そこで処方されたのがベルゾムラ。
自然な眠気を催してくれるクスリらしい。


効くかどうかはわからないけど試す価値はあると思い飲んだ。


が、しかし、全く効かず時間だけが過ぎ、12じを回っていた(消灯時間は9時)


看護士さんにクスリが効かないことを告げ、点滴にて睡眠剤「セレネース??」なるものを処方してくれた。


このセレネースを点滴してからしばらくして体が熱くなるのを感じた。
明らかな異常だと思ってナースコールで点滴をやめてもらった。


原因はまたもや
「アカシジア」
だった。


アカシジアとは
錐体外路症状の一つにアカシジアと呼ばれる症状があります。 四肢にむずむずするような異常知覚を感じて、そわそわしてじっとしていられない状態になります。焦燥感が出てくることもあります。具体的な症状を次に挙げてみます。

・絶えず歩き回る
・足を落ち着きなく揺らす
・立っているときに足踏みをする
・舌が出たままになる
・じっと座っているまたは
・立っていることができない
このような症状から、アカシジアは別名、静座不能症あるいは着座不能症とも呼ばれます。
アカシジアが出た場合には、抗パーキンソン病薬(抗コリン性)、βブロッカーやベンゾジアゼピン系の薬剤が処方されます。また抗精神病薬の数や量を減らしたり、副作用の少ない薬剤に切り替えることで症状は改善されます。
ただし、この症状の特徴である落ち着きのなさや焦燥感は、他の精神疾患(不安等)と区別が難しいケースもあるため、医師に診断してもらい、対処してもらうことが重要です。


引用しました。


まさにこの症状は以前にもあった症状です。
え、まじ、またなっちまったのかと思いました。


そこからは地獄でした。
朝まで一睡もできず、アカシジアの症状との格闘。
じっとしていられず、足を同じ場所においていられない。。。
動き回る。。。
ムズムズ、モヤモヤがずっと。
ベッドの上でたえずうごくこと約12時間、かなりしんどかった。
アカシジアに有効なクスリをやっと処方。(発症後すぐに貰ったやつは効かなかった)


しばらくして少し落ち着いて動けるようになった。
かなり、ボーとするクスリでもあるらしくオレは看護士さんに色々と話していたらしい。ほぼ覚えてないがクスリが効いてくれてよかったですわぁ、このまま一生こうなんかなぁと思っちゃいましたってゆったのは覚えている。
アカシジア、症状の重さによってはつらさで自傷行為や自殺してしまうものもあるのだ。
それくらいしんどいものがあるわけで慎重に治療を行っていかなくてはならないし。
平和で普通の健康状態がそれだけで幸せなことなんだと改めてきづかされました。


そのあとは少ししてから再び症状がでてきたがピーク時よりはだいぶよくなった。
今も少し症状はある。
あともうちょいで抜けきりそうですね。
まぁ、今は大丈夫そうです。






応援よろしくお願いしますm(__)m
よかったら1日1クリックお願いします。
とても励みになっています★



にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


闘病記ランキングへ








↑このページのトップヘ